ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 文化・スポーツ 文化 遺跡発掘「令和2年度 半田浜遺跡」調査情報(令和3年3月1日)

遺跡発掘「令和2年度 半田浜遺跡」調査情報(令和3年3月1日)

掲載日:2021年3月1日更新
<外部リンク>

遺跡「半田浜遺跡」発掘調査情報(令和3年3月1日)

江津市二宮町で行われている民間開発事業に伴った発掘調査です。

半田浜遺跡D区全景

開発現場の試掘を行ったところ、今までの調査で検出された道の続きと思われる道が出たため、遺跡の発掘調査を行うことになりました。

丘陵斜面の道

斜面に人が歩くための道と水が流れる側溝の跡が出てきました。

半田浜遺跡発掘現場 人工的な水路とみられる道が写る

写真の中央に写っている溝は、人口的な水路の可能性があります。地形上、元々、自然の水道(みずみち)になっているようで、現在も水が湧いて流れています。

道の時期は奈良時代頃と推定されます。

作業の様子

半田浜遺跡作業風景

遺構面に堆積した砂を人力で除去し、かつての道や溝の痕跡を探しています。

新たに見つかった道

これは、道の断面の写真です。
この写真から、人工的に盛土をしていることが分かります。

半田浜遺跡の道 盛土をしている様子がわかる写真

半田浜遺跡 半田浜遺跡の道 盛土の解説付き写真

出土した土器

半田浜遺跡の出土した土器(7つ)

出土した土器には弥生時代のものから鎌倉時代のものがあります。

現場からの眺め

半田浜遺跡発掘現場からの眺め

遺跡は、高台にあり、遠くに都野津町の町並みと日本海が美しく見えます。
現在、町並みのある場所は、遺跡の時代には、入海になっていた可能性があります。

遺跡現場は工事現場内のため、関係者以外立入禁止となっています。

今回の発掘調査は民間開発に伴う調査のため、事業者の株式会社原工務所さんには大変ご協力いただきました。
ありがとうございました。

これまでの遺跡調査内容

日浦地区試掘調査情報(令和3年2月1日)

窯跡「竹下窯跡」調査情報(令和2年12月1日)

遺跡「波来浜遺跡」発掘調査情報(令和元年12月1日)

遺跡「シビックセンターゾーン試掘」発掘調査情報(令和元年6月1日)

遺跡「半田浜遺跡」発掘調査情報(令和元年6月1日)

遺跡「岩龍寺跡」発掘調査情報(平成31年3月31日)