ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 文化・スポーツ 文化 日浦地区試掘調査情報(令和3年2月1日)

日浦地区試掘調査情報(令和3年2月1日)

掲載日:2021年2月1日更新
<外部リンク>

「日浦地区」試掘調査情報(令和3年2月1日)

桜江町谷住郷の日浦地区で試掘を行いました。
この場所は1級河川江の川沿いにある集落が点在した場所の一つです。江の川は古くから水運が栄えていました。

江の川に注ぐ谷地形

日浦地区は後背の山から小さな川が江の川に注ぎ込む小規模な扇状地です。
水運が栄えているころには、船着き場や居住地があった可能性があります。

トレンチが完全に掘れたところ

重機によるトレンチの掘削作業を2か所行いました。トレンチは長さ約12メートル、幅約1メートル、深さ約2メートルの大きさです。
トレンチの断面から次のようなことがわかりました。

トレンチの断面図

(2)と(4)と(6)の土砂による堆積層と(3)と(5)と(7)の湿地だった水成層を交互に見ることができます。この場所では繰り返し洪水があったと考えられます。

また、発掘調査に繋がるような遺物や遺跡は見つかりませんでした。

基壇跡と石州瓦

江の川沿いの道路の法面(山の部分)上には狭い平地があり、ここには、小規模な基壇跡がありました。
写真の右側部分の縦に並んでいる石が基壇跡です。

基壇のある調査場所

まず、その場所の周辺を丁寧に手掘りで掘削しました。繊細な技術が求められます。

作業中の様子

作業が終わると、くぼんだ所を掘り込んでいったところに地山があらわれ、多数の石がありました。
この場所はもともと谷の地形で落石などが自然に溜まったものと考えられます。

掘削後の石だまり

次に基壇を調査しました。その結果、写真の上部に見られる基壇跡と基壇の内側に、石州瓦が落ちていることがわかり、元々この基壇に祠などがあったと考えられます。

また、落ちていた瓦は、色や形状から近世以降に生産されたものであることがわかりました。

そのため、基壇や祠は記録や保存を行う遺物や遺跡にはあたりませんでした。

これまでの遺跡調査内容

窯跡「竹下窯跡」調査情報(令和2年12月1日)

遺跡「波来浜周辺遺跡」発掘調査情報(令和元年12月1日)

遺跡「シビックセンターゾーン試掘」発掘調査情報(令和元年6月1日)

遺跡「半田浜遺跡」発掘調査情報(令和元年6月1日)

遺跡「岩瀧寺跡」発掘調査情報8(平成31年3月1日)