ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童虐待かもと思ったら

掲載日:2019年11月1日更新
<外部リンク>

児童虐待は社会全体で解決すべき問題です。
出産や子育てに関する悩みや質問がある人は、児童相談所または市へお気軽にご相談ください。
 

児童虐待とは?

本来、子どもをあたたかく守り育てるべき親や親に代わる養育者が、子どもの心や体を傷つけ、健やかな成長や人格の形成に重大な影響を与える行為をいいます。

親が「しつけ」と思っている行為でも、現実に子どもの心や体が傷つく行為であれば、それは「虐待」です。
親の立場よりも、子どもの立場で判断することが大切です。

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外にしめだす など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト

乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子どもに暴力を振るうことなどを放置する など

心理虐待

言葉により脅かす、無視する、きょうだい間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV) など

“児童虐待かも”と思ったら、すぐにお電話ください

あなたの1本の電話で救われる子どもがいます。

     児童相談所全国共通3桁ダイヤル189

  • 連絡は匿名で行うことも可能です。

  • 連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。 

  • お住まいの地域の児童相談所につながります。

※一部のIP電話からはつながりません。

※令和元年12月から通話料が無料となります。

関連情報

児童虐待防止策(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>(新しいウィンドウで開きます)

児童相談所全国共通ダイヤルについて(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>(新しいウィンドウで開きます)

浜田児童相談所<外部リンク>(別ウィンドウで開きます)