ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

赤(あか)ちゃん・子(こ)どもを育(そだ)てる

掲載日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

妊娠(にんしん)

()

 

妊娠(にんしん)したら

()くところ:子育(こそだ)支援課(しえんか)

  • 子育(こそだ)支援課(しえんか)で 妊娠(にんしん)(とどけ)(お(なか)(あか)ちゃんがいることを()らせる(かみ))を ()いて、母子(ぼし)健康(けんこう)手帳(てちょう)と 妊婦(にんぷ)健康(けんこう)診査(しんさ)(ひょう)を もらいます。
母子(ぼし)健康(けんこう)手帳(てちょう)
  • 病院(びょういん)に ()くときに、 この手帳(てちょう)を ()っていきます。妊娠(にんしん)しているときの お(かあ)さんの(からだ)のこと、 ()どもの (からだ)や 病気(びょうき)、 病気(びょうき)にならないための 注射(ちゅうしゃ)のことを ()きます。
妊婦健康診査票(にんぷけんこうしんさひょう)
  • 妊娠(にんしん)した (ひと)が、 病院(びょういん)に ()って、 健康(けんこう)か 調(しら)べるときに 必要(ひつよう)な (かみ)です。これを 病院(びょういん)に ()って ()くと、(かみ)に ()いてある 検査(けんさ)は 0(えん)で ()けることが できます。

妊娠(にんしん)した人が (べつ)()(ちょう)から 江津市(ごうつし)に ()()した とき

()くところ:子育(こそだ)支援課(しえんか)

  • 母子(ぼし)健康(けんこう)手帳(てちょう)は、 (まえ)に ()んでいた ()(ちょう)で もらったものを 使(つか)います。
  • 妊娠健康診査票(にんしんけんこうしんさひょう)は、 (まえ)に ()んでいた ()(ちょう)で もらったものは 使(つか)えません。江津市(ごうつし)のものと 交換(こうかん)します。 ()()したら、(まえ)に ()んでいた ()(ちょう)で もらった 妊娠健康診査票(にんしんけんこうしんさひょう)を ()って、子育(こそだ)支援課(しえんか)に ()きます。

出産(しゅっさん)育児(いくじ)一時(いちじ)(きん)

  • 健康(けんこう)保険(ほけん)に (はい)っている (ひと)は、 (あか)ちゃんを ()むときに 必要(ひつよう)なお(かね)出産(しゅっさん)育児(いくじ)一時(いちじ)(きん))が もらえます。 病院(びょういん)に ()いてください。

 

()どもが ()まれたら

()どもが ()まれたことを ()らせる

()くところ:市民(しみん)生活課(せいかつか)子育(こそだ)支援課(しえんか)

いるもの:病院(びょういん)などの 証明(しょうめい)(しょ)()いてもらった(かみ))、 母子(ぼし)健康(けんこう)手帳(てちょう)
  • ()どもが ()まれてから 14(にち)(あいだ)に 江津市(ごうつし)役所(やくしょ)の 市民(しみん)生活課(せいかつか)に ()きます。
  • 市民(しみん)生活課(せいかつか)で 出生届(しゅっせいとどけ)()どもが ()まれたことを ()らせる(かみ))を ()きます。
  • 両親(りょうしん)(お(とう)さん、お(かあ)さん)が (がい)国籍(こくせき)のときは、 「出生届(しゅっせいとどけ)受理(じゅり)証明書(しょうめいしょ)」と 家族(かぞく)みんなの 「住民票(じゅうみんひょう)」を もらいます。(お(かね)が いります。 「出生届(しゅっせいとどけ)受理(じゅり)証明書(しょうめいしょ)」は350(えん)、「住民票(じゅうみんひょう)」は 300(えん)です。)入国(にゅうこく)管理局(かんりきょく)で 手続(てつづ)きを するときに いります。

 

  • 市民(しみん)生活課(せいかつか)に 行ったあと、子育(こそだ)支援(しえん)()に ()きます。
  • ()どもが ()まれたあとに ()けられる サービスや、もらえるお(かね)などについて (はな)します。
両親(りょうしん)(お(とう)さん、お(かあ)さん)が (がい)国籍(こくせき)のときは、(つぎ)のことも します。
  • 入国(にゅうこく)管理局(かんりきょく)に ()きます。
  • (あか)ちゃんの 在留(ざいりゅう)資格(しかく)の 手続(てつづ)きを します。(あか)ちゃんが 生()まれてから 30(にち)の (あいだ)に します。
  • いるものは 入国(にゅうこく)管理局(かんりきょく)に ()いてください。
  • 大使館(たいしかん) または 領事館(りょうじかん)で、(あか)ちゃんの 国籍(こくせき)の 手続(てつづ)きを します。 大使館(たいしかん) または領事館(りょうじかん)に ()いてください

()どもの健康(けんこう)のこと

健康(けんこう)診断(しんだん)

()くところ:子育(こそだ)支援課(しえんか)

  • ()どもの 健康(けんこう)診断(しんだん)()どもが 健康(けんこう)か ()る)や 予防(よぼう)接種(せっしゅ)病気(びょうき)に ならないための 注射(ちゅうしゃ))を ()けます。
  • 健康(けんこう)診断(しんだん)は (あか)ちゃんが ()まれてから 1か(げつ)、4か(がつ)、10か(がつ)、1(さい)6か(げつ)、3(さい) の 5(かい) あります。
  • 1か(げつ)と 10か(がつ)の 健康(けんこう)診断(しんだん)は 母子(ぼし)健康(けんこう)手帳(てちょう)を (わた)すときに 一緒(いっしょ)に お()らせします。4か(げつ)と 1(さい)6か(げつ)と3(さい)は ()役所(やくしょ) 子育て(こそだて)支援課(しえんか)から 手紙(てがみ)が (とど)きます。
  • 予防(よぼう)接種(せっしゅ)は、出身(しゅっしん)の (くに)とは (ちが)うことも あります。どんな 予防(よぼう)接種(せっしゅ)をするか、いつするか、子育(こそだ)支援課(しえんか)や 病院(びょういん)医者(いしゃ)に ()いてください。
  • 予防(よぼう)接種(せっしゅ)の 途中(とちゅう)で 出身(しゅっしん)(くに)に (かえ)るときは、子育(こそだ)支援課(しえんか)や 病院(びょういん)医者(いしゃ)に ()ってください。

()どもの 医療費(いりょうひ)病院(びょういん)に 行ったときに かかる お(かね))(乳幼児(にゅうようじ)医療(いりょう)制度(せいど)

()くところ:保険(ほけん)年金(ねんきん)()

いるもの:()どもの 健康(けんこう)保険証(ほけんしょう)
  • 小学校(しょうがっこう)に (はい)(まえ)の ()どもが 病気(びょうき)になったとき、病院(びょういん)に 行く お(かね)が 0(えん)に なります。
  • そのために、「乳幼児(にゅうようじ)(とう)医療費(いりょうひ)受給(じゅきゅう)資格者証(しかくしゃしょう)」を もらいます。
  • もらうためには、()どもの 健康(けんこう)保険証(ほけんしょう)が いります。 (はい)っている 健康(けんこう)保険(ほけん)に ()って (つく)ります。
  • ()どもの 健康(けんこう)保険(ほけん)(しょう)ができたら、()役所(やくしょ) 保険(ほけん)年金課(ねんきんか)に行って「乳幼児(にゅうようじ)(とう)医療費(いりょうひ)受給(じゅきゅう)資格者証(しかくしゃしょう)」を もらいます。

 

保育(ほいく教育(きょういく))

保育(ほいく)(えん)

()くところ:()(そだ)支援課(しえんか)

  • 保育(ほいく)(えん)は、(おや)が 仕事(しごと)や 病気(びょうき)などで (いえ)で ()どもを ()ることが できないときに、0~6(さい)までの ()どもを あずかってくれる ところです。
  • 保育(ほいく)(えん)に ()どもを あずけたい ときは 子育(こそだ)支援課(しえんか)に ()います。
  • (はや)く 相談(そうだん) してください。

 

小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう) 

  • 日本(にほん)では、外国人(がいこくじん)の ()どもも、日本(にほん)の ()どもと (おな)じように 教育(きょういく)を ()けることが できます。
  • 小学校(しょうがっこう)は 6(さい)を すぎた 最初(さいしょ)の 4(がつ)に 入学(にゅうがく)して 6年間(ねんかん)(6~12(さい)) 教育(きょういく)()けます。
  • 中学校(ちゅうがっこう)は 小学校(しょうがっこう)を 卒業(そつぎょう)してから 3年間(ねんかん)(13~15(さい)) 教育(きょういく)()けます。
  • (はい)るための テストは ありません。
  • 小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)は 授業料(じゅぎょうりょう)や 教科書(きょうかしょ)は お(かね)が いりません。
  • 学用品(がくようひん)学校(がっこう)で 使(つか)うノートや はさみなどの 文房具(ぶんぼうぐ)や 制服(せいふく)楽器(がっき)など)、給食(きゅうしょく)学校(がっこう)で ()る 食事(しょくじ))などは お(かね)が いります。
  • (かね)が なくて ()どもが 学校(がっこう)に ()くのに (こま)っている ときは、学用品(がくようひん)を ()うための お(かね)や 給食(きゅうしょく)の お(かね)の 一部(いちぶ)を もらうことが できます。学校(がっこう)教育課(きょういくか)に 相談(そうだん)してください。 (仕事(しごと)などで もらう お(かね)が (おお)い 家族(かぞく)は お(かね)を もらうことが できません)

小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)に ()くには

()くところ:学校(がっこう)教育課(きょういくか)

江津市(ごうつし)に ()んでいる(ひと)
小学校(しょうがっこう)
  • 小学校(しょうがっこう)に 入学(にゅうがく)できる (まえ)(ねん)に 小学校(しょうがっこう)に ()くかを ()(かみ)が (いえ)に (とど)きます。小学校(しょうがっこう)に ()くか、()かないかを 学校(がっこう)教育課(きょういくか)に (おし)えてください。
  • 小学校(しょうがっこう)に ()くと (おし)えてくれた(ひと)には、()どもの 健康(けんこう)診断(しんだん)や 入学(にゅうがく)のことを 説明(せつめい)する(かい)の お()らせが (とど)きます。健康(けんこう)診断(しんだん)や 説明(せつめい)する(かい)には (かなら)ず ()きます。
中学校(ちゅうがっこう)
  • 中学校(ちゅうがっこう)に 入学(にゅうがく)できる(とし)の 1(がつ)に 小学校(しょうがっこう)6年生(ねんせい)みんなに 中学校(ちゅうがっこう)の 「入学(にゅうがく)通知書(つうちしょ)」が(とど)きます。
(あたら)しく 江津市(ごうつし)に ()()してきた人
  • 江津市(ごうつし)役所(やくしょ) 市民(しみん)生活課(せいかつか)で「転入届(てんにゅうとどけ)」を ()いた(あと)学校(がっこう)教育課(きょういくか)へ ()きます。
  • 学校(がっこう)教育課(きょういくか)で 入学(にゅうがく)するための 手続(てつづ)きを します。