ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

万葉ロマンの里・二宮 恵良媛米を販売します

掲載日:2019年10月25日更新
<外部リンク>

万葉の時代、宮中のご料田だった飯田村は良米が採れ、献上米として定評がありました。
柿本人麻呂の妻・恵良媛(えらひめ)の伝承が残る二宮では、「恵良媛米」として、二宮町飯田で収穫した新米を贈答用に販売しています。
都会に住む子どもや孫、知人にふるさとの香りを届けませんか?

恵良媛米の内容

販売セット

  • 「こしひかり」または「きぬむすめ」3kg
  • 二宮のパンフレット
  • 焼き印絵馬

販売価格

2000円

問い合わせ・申込先

二宮まちづくり協議会(二宮地域コミュニティ交流センター内)
電話番号 0855-53-1665