ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 防災・防犯・安全 防災 令和4年度 防災行政用無線を用いた情報伝達訓練の実施

令和4年度 防災行政用無線を用いた情報伝達訓練の実施

掲載日:2022年5月12日更新
<外部リンク>

地震・津波や武力攻撃などの発生時に備え、以下のとおり情報伝達訓練を行います。

この訓練は、全国瞬時警報システム「Jアラート」を用いた訓練で、江津市以外の地域でも様々な手段を用いて情報伝達訓練が行われます。

訓練実施日時

  • 令和4年5月18日(水曜日) 11時ごろ
  • 令和4年8月10日(水曜日) 11時ごろ
  • 令和4年11月16日(水曜日) 11時ごろ
  • 令和5年2月15日(水曜日) 11時分ごろ

令和4年度は4回の訓練を予定しています。

なお、日時・時間は変更になる場合があります。

訓練で行う放送試験

市内に設置してある「防災行政用無線戸別受信機」および「屋外拡声子局(41カ所)」から、一斉に放送されます。

放送内容

  • (上りチャイム音)
  • 「これは、Jアラートのテストです」 ×3回
  • 「こちらは、ぼうさい江津市です」
  • (下りチャイム音)

Jアラートとは

Jアラートは、国が人工衛星を用いて緊急情報を送信し、国民が対処する時間的余裕がない緊急情報を伝えるシステムです。

Jアラートは、国の送信局から人工衛星を介して市町村庁舎などに設置されているJアラート受信機に緊急情報が送信され、さらに自動的に防災行政用無線や緊急防災放送装置(告知放送端末)、緊急速報メールなどから国民に緊急情報が伝達されます。

Jアラートで配信される情報には、緊急地震速報や噴火警報、気象などの特別警報などのほか、弾道ミサイルや大規模テロ情報などがあります。

関連リンク

防災行政用無線に加入しましょう