ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 保険・年金 国民健康保険 ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用しましょう
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ライフステージ 健康・医療 ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用しましょう

ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用しましょう

掲載日:2021年12月1日更新
<外部リンク>

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、最初に作られた薬(先発医薬品)の特許が切れてから作られた薬です。

国の厳しい品質基準をクリアし、先発医薬品と同じ有効成分、効能、効果があると認められています。

開発期間や経費が少ない分、新薬より安い価格で販売されます。

ジェネリック医薬品を希望するときは

ジェネリック医薬品に変更を希望される場合は、まず主治医に相談し、選択や使用法については薬剤師に相談しましょう。

自分から言い出しにくい場合は、「ジェネリック医薬品希望カード」を処方箋や診察券と一緒に窓口へ提出しましょう。

※薬の種類や病状等によって、ジェネリック医薬品に変更できない場合があります。

医療費の節約に

医療費は年々増え続けています。

なかでも全体の約3割を占める薬剤費を削減するために、ジェネリック医薬品の普及促進に努めましょう。

ジェネリック医薬品の多くは新薬より約3~5割安くなり、医療費の節約に役立ちます。

一人一人の節約が、国全体の医療費の節約となり、医療保険制度を守り続けることにつながります。