ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ごみ・環境 環境 発火する可能性のあるごみに注意してください。
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ライフステージ ごみ・環境 発火する可能性のあるごみに注意してください。

発火する可能性のあるごみに注意してください。

掲載日:2021年10月13日更新
<外部リンク>

発火する可能性のあるごみに注意してください。

リチウムイオン電池などの小型充電池は、強い衝撃が加わったり変形したりすると、発熱、発煙、発火するなど大変危険です。充電式小型家電も同様に危険です。

近年、リチウムイオン電池が原因で火災が相次いでいます。

ライターやスプレー缶、リチウムイオン電池など、発火する可能性のある「ごみ」を不適切な分別のまま排出すると、ごみ集積所や収集車、焼却施設、最終処分場などの火災の原因となり、大変危険です。

正しく分別をして、可燃ごみには絶対に入れないでください。

可燃ごみに混入していた小型家電

  • デジタルカメラ
  • 加熱式(電子)たばこ
  • スマートフォン
  • 電気シェーバー
  • 電動歯ブラシ
  • ゲーム機
  • モバイルバッテリー

その他

ライターや中身の残ったスプレー缶なども、火災の原因となります。

家庭ごみとして、市の収集に出す場合

ライター、スプレー缶は中身を使い切った状態で、「有害ごみ」として排出してください。

充電式小型家電は充電池を外し、充電池は「有害ごみ」、本体家電は「金物類」として排出してください。