ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ つなげよう。有機農業の輪 地産地消で顔の見える学校給食へ
新着情報
江津市有機農業推進協議会

地産地消で顔の見える学校給食へ

掲載日:2021年12月1日更新
<外部リンク>

農業者と小中学生との学習・体験交流を行っています

江津市では学校給食における地産地消を推進するために、産直市を拠点として江津産の野菜と米を中心に供給しています。この体制を一層充実するために、学校給食で使用している地場産物の生産者と児童・生徒との顔の見える交流会を開催しています。普段食べている米や野菜などがどのように栽培されているかを、直接生産者から聞くことで、生産者の栽培に対する思いや苦労について知る機会を提供する場となっています。

学習方法は、講義形式と農業見学があり、 農林水産物直売所「三彦市」の営農コーディネーターも協力しながら実施しています。

交流事業