ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

乳幼児医療制度のご案内

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

お子さんの医療費の自己負担分を助成する制度です

小学校就学前のお子さん(一部・慢性疾患などで20歳まで適用あり)が医療機関にかかった場合に医療費の自己負担分を助成する制度です。
この制度を利用するためには、市役所保険年金課または桜江支所で手続きが必要です。

乳幼児等医療対象者

江津市内に住所があり、次のいずれかに該当し、各種医療保険の被保険者・被扶養者の方です。ただし、生活保護を受けている場合は対象となりません。

0歳~就学前

受給期間:0歳~小学校就学前まで

就学後~20歳未満(慢性呼吸器疾患等14症候群による入院のみ)

受給期間:小学校就学から20歳の誕生日の月末まで

※慢性呼吸器疾患等14疾患群とは

  • 1.慢性腎疾患 2.慢性呼吸器疾患 3.慢性心疾患 4.膠原病 5.神経・筋疾患 6.悪性新生物 7.内分泌疾患 8.糖尿病 9.先天性代謝異常 10.血液疾患 11.免疫疾患 12.慢性消化器疾患 13.染色体または遺伝子に変化を伴う症候群 14.皮膚疾患
  • 慢性呼吸器疾患等14疾患群についての詳しい内容は、浜田保健所(電話0855-29-5537)にお問い合わせください。

手続き方法

市役所保険年金課または桜江支所で申請の受付をします。

年齢区分手続きに必要なもの
0歳 ~就学前

1.こどもの健康保険証 2.認印

就学後~20歳未満1.こどもの健康保険証 2.医療費領収書 3.認印 4.通帳
5.医師の意見書(用紙は市役所・桜江支所にあります)

助成内容

年齢区分負担割合負担限度額(ひとつの医療機関・ひと月の額)
通院入院薬局
0歳 ~就学前 市制度:負担なし
(県制度:1割)
 市制度:負担なし
(県制度:1,000円)
 市制度:負担なし
(県制度:2,000円)
負担なし
就学後~20歳未満

 市制度:負担なし
※注2.
(県制度:1割)

 市制度:負担なし
※注2.
(県制度:15,000円)

※注意

  1. 医療費が無料となる対象は、健康保険が適用される医療に限ります。
    初診時負担金(済生会江津総合病院や浜田医療センターなどの総合病院で必要な場合があります)、入院時の食事代、差額室料、検診代、予防接種代、その他保険診療でない医療費は無料にはなりません。
  2. 慢性呼吸器疾患等14疾患群に該当する方については、いったん医療機関窓口で一部負担金(島根県の制度の負担額)を支払っていただき、後ほど申請に基づき払い戻しをします。

医療機関のかかり方

  1. 島根県内の医療機関(医科・歯科・調剤薬局)に受診した場合
    医療機関に受診される際に乳幼児等医療費受給資格証を呈示していただければ、医療機関窓口での医療費の支払いはありません。ただし、コルセットなどの治療材料の給付を受けるときには、いったん自己負担していただき、後ほど申請に基づき払い戻しをします。
    ※医療費の1割を負担していただく医療機関もあります。負担は以下の金額までです。後ほど申請に基づき払い戻しをします。
    (ひと月ひとつの医療機関)通院:1,000円 入院:2,000円    
    薬局での負担はありません。   
  2. 島根県外の医療機関で受診した場合
    乳幼児等医療費助成制度は使えませんので、かかった医療費の2割を負担していただききます。後ほど申請に基づき払い戻しをします。            
    ※山口県内の一部医療機関・薬局、鳥取県西部の一部薬局、広島県内の一部医療機関・薬局では、島根県内と同様に使えるようになりました。

払い戻し手続きの方法

 江津市の乳幼児等医療の対象の方で、下記のケースなどで医療費を負担された場合には差額を払い戻します。
 また、手続きには下記のものが必要です。
 手続きの期限は医療費を支払ってから2年以内です。

こんな時には払い戻し手続きを

  • 受給資格証の見せ忘れ等により医療費を支払ったとき 
  • 乳幼児等医療費助成制度が使えない医療機関に受診したとき
  • コルセットなどの治療材料の給付を受けたとき  
  • 学校災害共済給付を受ける可能性があるとき(基準額に達しなかったときに還付します)
  • はり・きゅう及びあんま・マッサージ施術所での保険適用治療をしたとき

手続きに必要なもの

  1. 領収書(受診者氏名・保険診療点数が記載されているもの、治療装具及び資格証の見せ忘れにより全額負担した場合は総医療費が記載されているもの)
  2. 認印
  3. 通帳
  4. こどもの健康保険証
  5. 乳幼児等医療費受給資格証
  6. 診断書 兼 装具装着証明書(治療装具の場合のみ)

次のようなときには、必ず届け出をしてください。

こんなとき届出に必要なもの
健康保険証の種類や記載事項がかわったとき印鑑・受給資格証・子どもの健康保険証
住所や氏名がかわったとき印鑑・受給資格証・子どもの健康保険証
転出・死亡等により資格を喪失したとき印鑑・受給資格証
紛失等により受給資格証の再交付を受けるとき印鑑・子どもの健康保険証
受給資格者を変更するとき印鑑・受給資格証・子どもの健康保険証
交通事故にあったとき印鑑・受給資格証