ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

未熟児養育医療給付制度

掲載日:2017年11月13日更新
<外部リンク>

未熟児養育医療給付 申請のご案内

1 未熟児養育医療給付制度とは

 身体の発育が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が、指定養育医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費で負担する制度です。
 給付の対象は保険適用のある医療費および食事療養費です。医療費以外の紙おむつ代、差額ベッド代などについては対象となりません。

2 対象者

 江津市に居住する満1歳未満の未熟児で、以下のいずれかに該当し、医師が入院を必要と認めた場合に対象となります。(詳しくは主治医にお問い合わせください。)

  • 出生時の体重が、2,000グラム以下の乳児
  • 生活力が特に弱い乳児(体重が2,000グラムを超えていても、呼吸器・循環器・消化器・運動機能が未熟な場合など対象になることがあります)

3 自己負担

 制度上、世帯の所得税額に応じて、この医療給付にかかる費用徴収額(自己負担額)を算定しますが、江津市乳幼児医療費助成制度を併せて適用しますので、自己負担はありません。

4 申請に必要なもの

  1. 養育医療給付申請書(様式第1号)
  2. 養育医療意見書(様式第2号)・・・指定養育医療機関の医師が作成したもの
  3. 世帯調書(様式第3号)
  4. 同意書(様式第8号)・・・乳幼児医療費の充当に関する同意
  5. お子様の健康保険証
  6. 印鑑
  7. 個人番号通知カードなどマイナンバーのわかるもの・・・世帯員全員分の記入が必要です。
  8. 身元確認ができるもの(運転免許証、個人番号カードなど)
  9. 所得税額等を証明する書類(世帯全員分)・・・世帯調書(様式第3号)の裏面をご確認ください。※平成29年11月13日以降はマイナンバー制度の情報連携本格運用開始に伴い、市町村民税課税証明書については提出不要です。ただし、転入された方などは地方税関係情報の取得に関する同意書の提出が必要な場合があります。詳しくは子育て支援課までお問い合わせください。

5 提出先

 江津市役所2階子育て支援課 または 桜江支所

6 その他の手続き

 申請後、給付が終了するまでのあいだに、次のような変更があったときには届け出が必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)