ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 子育て 妊娠・出産 風しん予防接種費用を助成します

風しん予防接種費用を助成します

掲載日:2019年2月15日更新
<外部リンク>

安心して妊娠や出産ができるよう、風しんの予防接種費用の一部を助成します

妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんに感染すると、難聴や心疾患、白内障などの障がい(先天性風しん症候群)のある赤ちゃんが生まれる可能性があります。

妊娠中の風しん感染を防ぐには、妊娠前に風しんに対する免疫が十分かどうか抗体検査で調べ、十分な免疫がなければ、予防接種をうけておくことが有効です。

風しんの予防接種費用の一部助成

対象者

申請時において江津市に住民登録のある次の人が対象です。

  1. 風しんの抗体価の低い、妊娠を予定または希望している女性
  2. 妊娠を予定または希望している女性の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある人を含む)などの同居者で、風しんの抗体価が低いもの
  3. 風しんの抗体価の低い妊婦の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある人を含む)などの同居者で風しんの抗体価が低いもの
注意事項
風しんの抗体検査

対象者はすべて「風しん抗体価が低いという証明が必要」になります。

予防接種の前に、風しん抗体価が低いかどうかを調べる抗体検査は、県内の委託医療機関で無料で受けることができます。

詳しくは次の島根県ホームページをご覧ください。(別のサイトが開きます)

風しん抗体検査の実施について(島根県薬事衛生課)<外部リンク>

対象外となる場合
  • 上記の同居者で、風しんの定期接種者と予防接種歴のある人。
  • 妊娠している人は接種できません。女性は接種してから2か月間は避妊してください。

助成限度額

助成限度額は次のとおりです。

生活保護世帯は、全額助成します。

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

5,000円

風しん単独ワクチン

3,000円

助成開始日

2月4日から(2月4日以降の接種費用が対象です)

申請方法

医療機関で検査および接種後、6か月以内に次の必要書類をそろえて子育て支援課窓口で申請してください。

必要な書類
  1. 医療機関が発行する領収書原本および明細書
  2. 接種前の抗体検査結果が確認できるもの
  3. 口座振替申出書(口座のわかるものをお持ちください)
  4. 母子手帳(上記対象者3の場合)
  5. 申請者の印鑑(認印)
  6. 江津市風しん予防接種費用助成金交付申請書 [PDFファイル:108KB]

※申請書は窓口にも備えてあります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)