ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

星高山イルミネーション

掲載日:2020年7月27日更新
<外部リンク>

イルミネーションの由来と概要

江津市の中央部にそびえる万葉ゆかりの「島の星山」(別名高角山、星高山、標高470m)の山頂部にある星マーク。
平安時代にこの山に隕石が落下したという言い伝えから、1986年に直径100mの円形にツツジ3,000本を星形に植えました。

夏は以下の日程で「☆」マークと、この地にゆかりの万葉歌人柿本人麻呂の「人」マークが交互に約1,000個の電球のイルミネーションで浮き上がり、「江の川祭」に彩をそえます。江津の風物詩として多くの市民に親しまれています。

また、春には中に植えられたツツジが美しく咲き、冬には降った雪で星マークが浮き上がるなど、季節ごとに様々な美しい星マークを見ることができます。

星高山イルミネーション(星マーク)

人マーク 画像

日時

毎年7月20日~8月31日

午後7時30分~午後10時

場所

江津市島の星町 島の星山(高角山、星高山)