ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岩瀧寺の滝(江津市指定文化財)

掲載日:2020年6月5日更新
<外部リンク>

岩瀧寺の滝とは

その昔、この地にたどりついた修行僧が開いたという「古刹岩瀧寺」。都治川の上流、奥深い岩瀧寺谷の渓谷に幅約18m、延長約121mの四段の滝「岩瀧寺の滝」があります。この四段の滝から豪快に水が落下する様は絶景です。

海岸からわずかの内陸に、このような壮大かつ秀麗な滝は他に見ることができません。

春は桜に山ツツジ、初夏は新緑が滝の景観を引き立たせ、秋ともなれば全山あでやかに装った紅葉が滝をつつみ、四季それぞれに人々を魅了する名勝です。江津市指定文化財でもあります。

また、この自然林にはシイがカシよりも上部に位置するという植生分布上の逆転現象が見られます。

岩瀧寺の滝の風景

令和2年5月撮影

岩瀧寺の滝 新緑の季節
岩瀧寺の滝 青々とした緑と滝の組み合わせが美しい滝です

住所

江津市波積町本郷

アクセス

JR江津駅から車で25分

山陰道(江津道路)江津ICより車で25分

散策するときの注意事項

  • 雨が降ると足元がすべりやすくなるなど危険です。天候の変化には十分注意しましょう。
  • 行程をあらかじめ検討し、余裕をもって行動しましょう。
  • けが防止のため、長袖、長ズボン、登山靴を着用するなど山歩きに適した服装で出かけましょう。
  • 必ず2人以上で行動し、歩道以外の場所の立ち入りはやめましょう。

関連リンク

江津市観光協会<外部リンク>(リンクを開きます)