ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保険年金課 病気やケガをしたとき(療養の給付)

病気やケガをしたとき(療養の給付)

掲載日:2019年2月1日更新
<外部リンク>

医療費の一部負担金(自己負担金)割合

医療機関にかかったとき保険証(被保険者証)を提示することによって、次の負担で治療を受けることができます。

3割負担の人

  • 小学校就学後から70歳未満の人
  • 70歳から74歳までの人で現役並み所得の人

 2割負担の人

  • 小学校就学前の乳幼児
  • 70歳から74歳までの人で昭和19年4月2日以降生まれの人

 1割負担の人

  • 70歳から74歳までの人で昭和19年4月1日以前生まれの人

 一部負担金(自己負担金)の減免

次の要件にすべて当てはまる場合は、一部負担金の減免などの適用を受けることができます。

  1. 災害や失業などの理由により生活が著しく困難となった場合(世帯の収入金額が生活保護基準以下で、預貯金が基準生活費の3か月以下の世帯)
  2. 緊急に治療を要する疾病のため入院が必要と医師が認めた場合
  3. 国民健康保険料を完納していること