ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保険年金課 お薬手帳を1冊にして、かかりつけ薬局を持つとより安心です!

お薬手帳を1冊にして、かかりつけ薬局を持つとより安心です!

掲載日:2020年3月9日更新
<外部リンク>

お薬手帳は1冊にまとめて病院・薬局で見せてください

お薬手帳とは

お薬手帳は、あなたに処方されたお薬の名前や飲む量、飲むタイミング、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。
この記録があると、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなお薬をどのくらいの期間使っているのかが判断できます。

また、他の病院や医院などでお薬をもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師にお薬手帳をみせることで、同じお薬が重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえます。

お薬手帳がいくつもあると、病院や薬局で飲んでいる薬のすべてが分からないから危険です

  • 飲んでいる薬がわからないと、危険な飲み合わせとなり、健康を害することがあります。
  • 飲み合わせによっては、薬の効き目が悪くなったり、飲みすぎて危険になることもあります。
  • 同じ種類・効能の薬を過剰に飲むことで、健康を害することもあります。  

お薬手帳を1冊にまとめて病院・薬局で提出すれば、薬の飲み合わせや薬の量をチェックしてもらえます

  • お薬手帳を1冊にまとめようとするときは、薬局にご相談ください。
  • 薬局でお薬手帳を出されない場合、支払額が増えることがあります。(10~40円程度)

ダウンロード

お薬手帳一冊化ポスター [PDFファイル:694KB]

関連サイト

島根県薬剤師会ホームページ

お薬手帳とは<外部リンク>(リンク先を開きます)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)