ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

出産したとき

掲載日:2019年2月1日更新
<外部リンク>

出産育児一時金が支給されます

加入者が妊娠4か月(12週)以降で出産したとき(死産・流産を含む)、申請により、出産育児一時金が支給されます。

ただし、会社等を辞めてから6か月以内の出産の場合、前の保険から支給される場合もあります。

出産育児一時金直接払制度

出産育児一時金を市が医療機関等に直接支払う制度です。

手続きは、出産する医療機関等で、出産するために入院する際に手続きを行います。

実際にかかった出産費用が一時金より低い場合は、出産後に差額を申請することができます。

産科医療補償制度に加入している医療機関での在胎週数22週以降の出産(死産・流産含む)の場合

420,000円

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 母子健康手帳
  • 出産費用明細書
  • 世帯主の口座番号
  • 請求者(世帯主)及び受診者本人のマイナンバーカードまたは通知カード
  • 請求者(世帯主)の本人確認書類(運転免許証など)
  • 医療機関等の請求書または領収書
  • 直接支払制度を利用しない(または利用した)旨の同意書
  • 死産証明書または死胎埋火葬許可証等の写し(妊娠12週以降の死産・流産の場合のみ)