ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 健康医療対策課 熱中症にご注意ください!

熱中症にご注意ください!

掲載日:2020年5月22日更新
<外部リンク>

熱中症にご注意ください!

熱中症とは、高温多湿の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整がうまく働かないことにより発症します。
熱中症を正しく理解して予防に心がけましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止のためにマスクを着用している時には、のどの渇きに気が付きにくくなります。
特に、意識して、こまめに水分補給をしましょう。

熱中症予防対策

  • こまめに水分・塩分を補給する。
  • 暑い時には無理をしない。
  • 日傘や帽子を活用する。
  • 涼しい服装をする。
  • こまめに休憩をする。
  • 日陰を利用する。
  • 室内でも温湿度を測る。
  • 体調の悪いときは特に注意をする。

熱中症の症状

軽症

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

中等症

頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

重症

意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症になった時の対処

意識がある場合、反応が正常なとき

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する

※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請

意識がない、反応がおかしいとき

  1. 救急車を要請する
  2. 涼しい場所へ避難させる
  3. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  4. 医療機関に搬送する

熱中症に関する情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)