ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 学校・教育 食育 江津食彩 なすとチキンの華風炒め(広報2020年9月号掲載レシピ)
トップページ 分類でさがす くらしの情報 健康・医療 健康づくり 江津食彩 なすとチキンの華風炒め(広報2020年9月号掲載レシピ)
トップページ 分類でさがす くらしの情報 健康・医療 食生活 江津食彩 なすとチキンの華風炒め(広報2020年9月号掲載レシピ)

江津食彩 なすとチキンの華風炒め(広報2020年9月号掲載レシピ)

掲載日:2020年9月19日更新
<外部リンク>

レシピ名「なすとチキンの華風炒め」

なすとチキンの華風炒め

食育情報

秋のなすは、皮が柔らかく実もしまっておいしくなり、どんな料理にも相性が良いです。
油を吸収すると肉質がなめらかになり、アクが抜けて旨味が増すため、特に炒め物や揚げ物がおすすめですが、カロリーは高くなるため要注意!
他の調理法と組み合わせて、秋のなすの味わいを楽しみましょう。

材料(2人分)

1人分の野菜使用量 70グラム

  • なす 1本
  • 小松菜 1茎
  • ミニトマト 4個
  • サラダチキン(プレーン) 1袋
  • しょうがのみじん切り 小さじ1
  • ごま油 小さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 塩、こしょう 適量
  • 白ごま 少々

作り方

  1. 小松菜はざく切り、ミニトマトは半分に切り、なすは縦半分に切って斜め切り、しょうがはみじん切りにする。サラダチキンは食べやすい大きさで薄切りにする。
  2. フライパンにごま油を熱してしょうがを入れ、なすを炒めてしんなりしたら、小松菜を加えてさらに炒める。
  3. 材料に火が通ったら、鶏ガラスープの素を加えて炒め合わせ、サラダチキンとミニトマトを加えてザっと炒める。塩、こしょうで味を調える。
  4. 器に盛りつけて、上から白ごまをふる。

調理時間

約10分