ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 学校・教育 食育 江津食彩(広報2019年8月号掲載レシピ)
トップページ 分類でさがす くらしの情報 健康・医療 健康づくり 江津食彩(広報2019年8月号掲載レシピ)
トップページ 分類でさがす くらしの情報 健康・医療 食生活 江津食彩(広報2019年8月号掲載レシピ)

江津食彩(広報2019年8月号掲載レシピ)

掲載日:2019年8月19日更新
<外部リンク>

レシピ名「たたききゅうりのツナ和え」

たたききゅうりとツナの和え物

食育情報

夏野菜のきゅうりは、体を冷やす作用があり、汗で失いやすいカリウムが豊富で夏バテ予防にも効果的。パリッとした歯ごたえが楽しく、よく噛むことで消化を助け、脳も活性化します。
きゅうりは切るより叩いた方が、味が染み込みやすくなります。冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです。

材料(2人分)

一人分の野菜使用料 70グラム

  • きゅうり 1本
  • ツナ(缶) 2分の1個
  • トマト 4分の1個
  • ★ポン酢しょう油 大さじ1
  • ★砂糖 小さじ2
  • ★ゴマ油 小さじ1
  • ★しょうが(すりおろし) 少々
  • ★いりごま 小さじ1

作り方

  1. きゅうりはヘタを落とし、ビニール袋に入れ、麺棒などで叩く。ある程度の割れ目が入れば、手や包丁で食べやすい大きさに分ける。ひとつまみの塩(分量外)を加えよくもみ、少し置いた後、水で洗ってしっかり絞る。
  2. トマトは角切りにし、ツナは缶汁をきる。
  3. ボウルに★を混ぜ合わせ1と2を加えて和える。