ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 学校・教育 食育 江津食彩(広報2019年7月号掲載レシピ)
トップページ 分類でさがす くらしの情報 健康・医療 健康づくり 江津食彩(広報2019年7月号掲載レシピ)
トップページ 分類でさがす くらしの情報 健康・医療 食生活 江津食彩(広報2019年7月号掲載レシピ)

江津食彩(広報2019年7月号掲載レシピ)

掲載日:2019年7月19日更新
<外部リンク>

レシピ名「ミニトマトのピクルス」

ミニトマトのピクルス

食育情報

夏の暑さに負けず、1日を元気に過ごすために、朝ごはんを食べましょう。体温をしっかり上げることで頭と体がスッキリします。
「トマトが赤くなると医者が青くなる」はイタリアの有名なことわざです。旬のトマトを甘酢に漬けておくことで、手軽に副菜として食べることができます。

材料(20個分)

  • ミニトマト 20個
  • 塩 小さじ1
  • 穀物酢 150cc
  • 水 250cc
  • はちみつ 大さじ2
  • 三温糖 大さじ4

作り方

  1. へたを取り、ミニトマトを洗う。
  2. ミニトマト以外の材料を小鍋に入れて、ひと煮立ちさせ、冷ます。
  3. 保存容器に1と2を入れて冷蔵庫で一晩置いたら完成(1週間くらい日持ちします)

ワンポイントアドバイス

トマトだけでなく、きゅうり、セロリ、パプリカなどを漬けておくと、カラフルで食欲もアップします!