ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市税のしくみ

掲載日:2019年8月1日更新
<外部リンク>

市税の種類

市民の皆さんに納めていただいている市税は、生活環境や福祉・教育など日常の生活に直接結びついたさまざまな行政サービスに使われています。この市税には、次のようなものがあります。

  • 普通税とは、納められた税金の使いみちが特に定められておらず、どのような仕事の費用にもあてることができる税金のことです。
  • 目的税とは、納められた税金の使いみちが定められている税金のことです。
  • 市民税には、個人の負担する「個人市民税」と、会社などが負担する「法人市民税」があります。
  • 個人の市民税は、県民税とあわせて「市・県民税」として納めていただいています。

個人市民税

納税義務者

1月1日現在、市内に住所があり、前年に所得のあった人

税額は、前年(1月から12月まで)の収入をもとに所得に応じて算出されますので市県民税の申告は毎年3月15日までに行ってください。
※給与収入のみのサラリーマンや、所得税の確定申告をした人は、申告の必要はありません。

個人住民税が課税されない人 [PDFファイル:317KB]

税額の算出方法 [PDFファイル:295KB]

法人市民税

納税義務者

  • 市内に事務所または事業所を有する法人等
  • 市内に寮等を有する法人で市内に事務所または事業所を有しないもの
  • 法人課税信託の引受けを行うことにより法人税を課される個人で、市内に事務所または事業所を有するもの

納税義務者である法人が自ら税額を計算し、その内容を申告するとともに、その税額を納付する申告納税方式となっています。

固定資産税

納税義務者

1月1日現在、市内に土地・家屋・償却資産を所有する人

土地・家屋価格等縦覧簿の縦覧
江津市に固定資産を所有する人または賃貸借されている人は、土地・家屋の価格を縦覧できます。
期間は、4月1日から5月31日までです。

軽自動車税

納税義務者

4月1日現在、原動機付自転車・軽四輪・軽ニ輪・自動二輪・小型特殊自動車・農耕用作業車を所有する人

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳のいずれかを所有している場合、本人や家族が運転する車の税金が減免される場合があります。

市たばこ税

納税義務者

たばこの製造・輸入卸売販売業者

毎月の市内のたばこ販売本数に応じた金額が市税として納付されます。
※たばこは市内でお求めください。

お問い合わせ先

  • 所得税など国税のお問い合わせは浜田税務署(電話0855-22-0360)へ
  • 自動車税のお問い合わせは西部県民センター(電話0855-29-5519)へ
  • 不動産取得税のお問い合わせは西部県民センター(電話0855-29-5521)へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)