ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 防災・防犯・安全 防災 弾道ミサイル落下時の行動などをお知らせします

弾道ミサイル落下時の行動などをお知らせします

掲載日:2017年10月11日更新
<外部リンク>

弾道ミサイル落下時の行動などをお知らせします

弾道ミサイル落下時の行動などについてのお知らせは、内閣官房の「国民保護ポータルサイト<外部リンク>」に掲載されています。

 ・Jアラートによる情報伝達について<外部リンク>

 ・Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達に関するQ&A <外部リンク>

 

弾道ミサイル落下時の行動

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メールなどにより緊急情報をお知らせします。
  • 行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。

メッセージが流れたら、すぐに次の行動をとってください

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できれば頑丈な建物)の中か地下に避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 

「ミサイルは、●●地方から●●へ通過した」との情報伝達があった場合

  • 政府からの情報について、テレビやラジオで確認してください。
  • 引き続き避難をしていただく必要はありませんが、もし、不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、すぐに警察、消防や海上保安庁に連絡してください。

 

 

「ミサイルが●●地方に落下した可能性がある」との情報伝達があった場合

  • 続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難してください。
  • 弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。

 

近くにミサイルが着弾した場合

  弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行動してください。

  • 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。
  • 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

 

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

 ・弾道ミサイル落下時の行動について<外部リンク>

 ・弾道ミサイル落下時の行動について(英語版)<外部リンク>

 ・弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)