ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水道管凍結対策の紹介

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

水道管の凍結にご注意を!

気温が0度以下になりますと、日中でもご家庭の水道管が凍結する恐れがあります。冬期間、水道の凍結には十分に注意しましょう。

凍結から守るには

露出した水道管、水道メーター等に新聞紙、古布、ダンボール、発泡スチロール等を巻き付けて保温してください。
※火災の原因になるので給湯器、温水器、ボイラー、井戸用ポンプ等には巻き付けないで下さい。

凍結してしまったら

水道管にタオル等を巻き付け、ゆっくりぬるま湯をかけて下さい。
※熱湯をかけると、水道管が破裂する恐れがありますのでご注意下さい。
水道管の破裂などが起きたときは、江津市給水装置工事指定業者に修理を依頼してください。

修理費用・水道料金は自己負担です

本管分岐からご家庭の蛇口までの部分を『給水装置』といい、市から貸し出しされている水道メーター以外の給水装置は個人などの所有物(財産)です。
このうち本管分岐から止水栓までは市が管理し、そこから宅内側は所有者(使用者)が維持管理することになっていますので、水道管凍結、漏水の修理や改造にかかる費用は所有者(使用者)の負担になります。

水道の管理の境界図

※水道課では、凍結による漏水の場合、水道料金の減免等は行っておりません。凍結、破裂対策は十分に行いましょう。