ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす しごとの情報 産業振興 商工業 江津市工場立地法準則条例による緑地面積率
トップページ 分類でさがす しごとの情報 産業振興 企業支援 江津市工場立地法準則条例による緑地面積率

江津市工場立地法準則条例による緑地面積率

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

工場立地法第4条の2第2項に基づき、市内の工業系用途地域内にある特定工場の緑地面積率等について、国の基準に代わる市準則を定め、緑地面積率を緩和しました。平成24年9月21日から施行しています。

条例の概要

1 緑地面積、環境施設面積の割合

区域区域の範囲緑地の面積の敷地面積に対する割合環境施設の面積の敷地面積に対する割合
緑地面積、環境施設面積の割合
第2種区域都市計画区域内で、都市計画法 ( 昭和 43 年法律第 100 号 ) 第 8 条第 1 項で定める地域以外の地域、準工業地域及び工業地域 100分の10以上100分の15以上
第3種区域江津地域拠点工業団地100分の5以上100分の10以上
第4種区域都市計画区域外の地域100分の5以上100分の10以上
上記以外の地域100分の20以上100分の25以上

※環境施設とは、緑地の他、噴水、池、広場等で周辺の地域の生活環境の保持に清するように管理がなされるものをいいます。

2 他の施設と重複する緑地の算入

建築物の屋上、駐車場の緑化、など他の施設と重複して整備された緑地の算入割合について、確保すべき緑地面積の 100 分の 50 までとします。   

3 条例等(ダウンロード)  

江津市工場立地法準則条例