ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす しごとの情報 産業振興 農林業 鳥獣被害防止用電気柵の設置者の皆さんへ

鳥獣被害防止用電気柵の設置者の皆さんへ

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

感電事故防止のため適切な措置を講じてください。

平成27年7月19日、静岡県西伊豆町で感電事故が発生しました。電気柵を設置している人は、次のとおり、感電事故防止のため適切な措置を講じてください。

  1. 家庭用電源から電気柵へ直接つなぐことは違法です。絶対行わないでください。
  2. 家庭用電源を使用する場合は、電気用品安全法で承認された漏電遮断器等の機器を設置してください。
    ※漏電遮断器は電流動作型であり、定格感度15ミリアンペア以下、操作時間0.1秒以下のもの
  3. 人の見えやすい位置や間隔で危険を知らせる表示をしてください。
  4. 周辺の草刈り等、日常の維持管理も含め、安全対策の再確認をしてください。

関連リンク

農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/anzen_kakuho_20150721.html 00685<外部リンク>