ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ライフステージ おくやみ こんな時には戸籍の手続きが必要です
トップページ 分類でさがす くらしの情報 住民票・戸籍・証明 戸籍 こんな時には戸籍の手続きが必要です

こんな時には戸籍の手続きが必要です

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

出生・結婚・死亡ごとに必要な手続きをまとめています

子どもが生まれたとき

なにをいつまでに届けに必要なもの
出生届生まれた日から14日以内

・出生証明書(出生届書に併記されています。医師か助産師の証明)

・印鑑

・母子健康手帳

※国民健康保険証(加入者のみ)
※乳幼児等医療、児童手当、予防接種等の手続きも忘れずに

結婚するとき

なにをいつまでに届けに必要なもの
婚姻届届け出をした日から法律上の効力が発生します

・夫と妻の印鑑(旧姓)

・本籍が届出地でないときは戸籍謄本1通

・成人の証人2人の署名押印

※婚姻届を出しても住所の変更はされません。転入、転出、転居の届を忘れずに。
※本人確認を行ないますので、運転免許証など自らを証明するものが必要です。

死亡したとき

なにをいつまでに届けに必要なもの
死亡届死亡を知った日から7日以内

・死亡診断書(死亡届書に併記されています。医師の証明)

・印鑑

※江津市で火葬する場合は、火葬場使用料
年金手続、国民健康保険手続など14日以内

・国民年金手帳(加入者のみ)

・年金証書(受給者のみ)

・国民健康保険証(加入者のみ)

・後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)

・福祉医療費医療証または資格証(該当者のみ)

・乳幼児等医療費受給資格証(該当者のみ)

・印鑑登録証(登録者のみ)

・身体障害者手帳(所持者のみ)

・介護保険証(該当者のみ)

・療育手帳(所持者のみ)

その他

離婚届、養子縁組(離縁)届、入籍届、転籍届などがあります。