ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高齢者の定期予防接種

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

インフルエンザ

感染すると重症化しやすい高齢者に対して、インフルエンザ予防接種費用を一部助成します。

対象者

  • 65歳以上の人(接種日に65歳以上であること)
  • 60歳から65歳未満(接種日現在)の人で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能の障害があり、日常生活が極度に制限される人
     

接種回数

接種期間内に1回
 

予定月

平成29年11月1日から平成30年1月31日

一部負担金

1,300円
※ただし、生活保護世帯の人、福祉医療受給者のうち市民税非課税世帯の人は無料

肺炎球菌

平成26年10月1日から定期予防接種となりました。過去に接種したことのない人が対象です。

対象者

  • 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳(平成30年3月31日現在)
  • 60歳から65歳未満の人で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能の障害があり、日常生活が極度に制限される人
    ※過去に高齢者肺炎球菌ワクチンを接種した人は、対象外です。

接種回数

接種期間内に1回

接種期間

平成29年5月1日から平成30年3月31日

一部負担金

2,500円
※ただし、生活保護世帯の人、福祉医療受給者のうち市民税非課税世帯の人は無料