ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 土地・住宅・公園 建物 がけ地近接等危険住宅の移転に要する費用の一部を補助します

がけ地近接等危険住宅の移転に要する費用の一部を補助します

掲載日:2020年6月1日更新
<外部リンク>

制度概要

がけ地の崩壊、土石流、なだれおよび地すべりにより、住民の生命の危険を及ぼすおそれのある区域に建っている危険住宅を安全な場所に移転を促進するため、国と地方公共団体が移転者に危険住宅の除去等に要する経費と新たに建設する住宅(購入を含む)に要する経費に対して補助金を交付する制度です。

危険住宅の除去、移転、新築の費用に対する補助金を、市が4分の1、県が4分の1、国が2分の1助成します。

 

補助金交付要綱

補助制度案内チラシ [PDFファイル:97KB]

江津市がけ地近接等危険住宅移転事業補助金交付要綱 [PDFファイル:103KB]

補助対象となる危険住宅とは

がけ地の崩壊等により危険が著しいため、以下の(1)から(5)までのいずれかに該当する区域に存する既存不適格住宅またはこれらの区域に存する住宅を危険住宅といいます。

  1. 建築基準法第39条第1項に基づく島根県建築基準法施行条例第2条の規定により指定された災害危険区域
  2. 建築基準法第40条の規定に基づく島根県建築基準法施行条例第4条の規定により建築を制限されている区域
    ※条例制定(昭和35年10月4日)前に建築された住宅に限る
  3. 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律第9条に基づき県知事が指定した土砂災害特別警戒区域
  4. 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律第4条第1項に定められた基礎調査を完了し、(3)に掲げる区域に指定される見込みのある区域
  5. 事業着手時点で過去3年間に災害救助法の適用を受けた地域

2の区域におけるイメージ図

がけ(傾斜度が30度以上である土地で、高さが2メートルをこえるものをいう)の上または下に建築物を建築する場合、区域での建築は禁止されている。

補助金額

補助金額は以下のとおりです。

  1. 除去費 975,000円(補助限度額)
  2. 建設費(購入および改修を含む) 4,650,000円(補助限度額)
  3. 土地購入費 2,060,000円(補助限度額)
  4. 敷地造成費 608,000円(補助限度額)
  5. 合計補助限度額 8,293,000円

備考

上記表の2から4は金融機関からの融資を受けた借入金に相当する額で、年利率8.5%を限度とします。

注意事項

  • 危険住宅は解体除去しなければなりません(宅地としては利用できません。)
  • 建設、土地購入、造成に関わる費用は金融機関からの借入が必要です。
  • 解体から新築まで単年度で実施する必要があります。
  • 補助金申請の手続き等は、建築士事務所の代行が望ましいと思います。

申請様式書類

関連リンク

島根県建築住宅課<外部リンク>(別のサイトへ移動します)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)