ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 子育て 幼稚園・保育園 保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設への入所手続
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ライフステージ 妊娠・出産 保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設への入所手続
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ライフステージ 子育て 保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設への入所手続

保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設への入所手続

掲載日:2017年10月23日更新
<外部リンク>

平成30年度 保育所(園)、認定こども園、小規模保育施設の入所申込について(2号認定、3号認定)

平成30年4月以降に入所を希望される場合には、「施設型給付費・地域型保育給付費支給認定申請書兼保育所(園)等利用申込書」 [PDFファイル:255KB] 「保育所(園)利用申込補助票」 [PDFファイル:106KB]保育を必要とする理由を確認する書類(後記.保育を必要とする理由を確認する書類)を提出していただきます。

※江津市内の保育所(園)施設については、平成30年度幼児教育・保育施設一覧表 [PDFファイル:179KB]をご覧ください。

保育の必要性の認定(保育を必要とする事由・保育の必要量について)

保育所(園)、認定こども園、幼稚園、地域型保育の利用を希望する保護者の人は、「保育の必要性の認定」を受けていただきます。

認定の区分については次の3つがあります。 

支給認定区分

対象

利用できる施設・事業

1号認定

幼稚園または認定こども園(幼稚園部門)を希望される満3歳以上のお子さん

※認定こども園(幼稚園部門)

2号認定

保護者の就労や疾病等により保育を必要とする満3歳以上のお子さん

保育所(園)

※認定こども園(保育所部門)※小規模保育(地域型保育)

3号認定

保護者の就労や疾病等により保育を必要とする満3歳未満のお子さん

保育所(園)

※認定こども園(保育所部門)※小規模保育(地域型保育)

※平成30年3月末で江津幼稚園、和木保育所、跡市保育所は閉園します。

※平成30年4月から和木町に幼保連携型認定こども園「うさぎ山こども園」が開園予定です。

※平成30年4月から都野津町の「のぞみ保育園」が認定こども園に移行する予定です。

※平成30年4月から跡市町に小規模保育施設「里山子ども園わたぼうし」が開園予定です。

保育を必要とする事由については、保護者が次の事由に該当する場合となります。

  1. 保護者等が家庭外や家庭内で仕事をしている場合
  2. 母親が出産前後の場合
  3. 保護者等が病気、障がいの場合
  4. 保護者等が病人、障がい者の看護などをしている場合  
  5. 保護者が災害復旧にあたっている場合
  6. 保護者が学校、専修学校、各種学などに就学している場合
  7. 保護者が育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもを継続して利用させる必要がある場合
  8. 求職活動中である場合
  9. その他上記に類する状態にある場合  

保護者の就労状況等により保育の必要量を判定し、利用できる時間の認定をします。

 保育標準時間認定(1日あたり11時間の保育を上限)
  1. 1月の就労時間または就学時間が120時間以上である場合
  2. 妊娠中または出産後間もない場合(産前産後休暇中)
  3. 保護者が疾病、障がい等により保育が困難な場合
  4. 1月の親族の介護・看護時間が120時間以上である場合
  5. 災害復旧にあたっている場合
  6. その他、1月あたり120時間以上保育ができない理由がある場合
保育短時間認定(1日あたり8時間の保育を上限)
  1. 1月の就労時間または就学時間が48時間以上120時間未満である場合 
  2. 1月の親族の介護・看護時間が48時間以上120時間未満である場合  
  3. 求職中である場合
  4. その他、1月あたり48時間以上120時間未満保育ができない理由がある場合

※経過措置として、平成26年度末時点で保育所(園)等に在園しているお子さんについては、平成27年度以降の継続入所に当たっては「保育標準時間」の認定とします。また、このお子さんが卒園するまでの間で、新しく兄弟姉妹が入所した場合においても、平成26年度末時点で在園しているお子さんが卒園されるまでの間「保育標準時間」の認定とします。
※認定にあたっての詳細については、平成30年度保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設入所申込のてびき [PDFファイル:766KB]をご覧ください。

入所申込について 

1次受付 

 受付期間 

平成30年4月以降入所分(年度途中の入所分、継続入所も含みます)

→平成29年11月1日水曜日から11月17日金曜日まで  

受付場所   

各保育所(園)、市役所子育て支援課・桜江支所、子育てサポートセンター

提出書類 

    ※マイナンバー(個人番号)の記入が必要です。

  • 「保育所(園)等利用申込補助票」 [PDFファイル:106KB]
  • マイナンバー確認書類~「後記.マイナンバー確認書類の提出」をご覧ください。    
  • 保育を必要とする理由を確認する書類 ~「後記.保育を必要とする理由を確認する書類」をご覧ください。
  • 課税市区町村発行の平成29年度市町村民税課税証明書(平成28年中の収入に対する市町村民税の税額がわかる証明書)※↑平成29年1月以降に江津市へ転入された方または江津市外で課税されている場合のみ必要です↑                

  ※入所申込書書類は受付場所で受け取っていただくか、当ホームページから印刷していただけます。

 2次受付(平成30年1月22日~同年2月9日)

    1次受付分の入所調整後の残り枠での調整となります。
    提出書類は1次受付と同じですが、提出先は、市役所子育て支援課のみとなります。

3次受付(平成30年3月5日~同年3月16日)

    2次受付分の入所調整後の残り枠での調整となります。
    提出書類は1次受付と同じですが、提出先は、市役所子育て支援課のみとなります。

4月以降に入所申請を出される場合(途中入所の場合)

    入所を希望する日の属する月の前月の1日~10日の期間に受け付けます。
    提出書類は1次受付と同じですが、提出先は、市役所子育て支援課となります。

マイナンバー確認書類の提出 

 平成28年1月の「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の施行により、マイナンバー(個人番号)を「支給認定申請書兼保育所(園)等利用申込書(兼児童台帳」に記載することが必要となりました。市が個人番号の提供を受ける際には、本人確認を行うことも義務付けられました。

利用申込書を、市役所または桜江支所に提出される場合

マイナンバー確認のために、下表のものを持ってきてください。

必要書類

誰のが必要

具体例

備考

マイナンバーカードまたは通知カード

申請者(保護者)

 

申込書に記載してあるナンバーが正しいかどうかを確認するために必要です。

本人確認のできるもの

申請者(保護者)

(注)申請者以外の方が窓口に来られる場合は、来られる方のものも必要です。

運転免許証・健康保険証・住民票等

申請者が本人であるかどうかを確認するために必要です。

利用申込書を、保育所(園)・認定こども園・子育てサポートセンター に提出される場合

マイナンバー確認のために、次の書類も添付してください。

提出方法

下表の書類を【「個人番号提供書」 [PDFファイル:126KB]に貼り付けてください。
※利用申込書類と一緒に、専用封筒に入れて封をし、保育所等へお渡しください。

貼り付ける書類

誰のが必要

具体例

備考

マイナンバーカードまたは通知カードの写し

申請者(保護者)

 

申込書に記載してあるナンバーが正しいかどうかを確認するために必要です。

本人確認のできる資料の写し

申請者(保護者)

運転免許証・健康保険証・住民票等

申請者が本人であるかどうかを確認するために必要です。

保育を必要とする理由を確認する書類(該当のあるもの)

★は、市の様式です。

保育を必要とする理由

(保護者の状況)

証明書類等

就労

※就労内定、起業予定含む

「★「就労証明書」 [Excelファイル:15KB]

※育児休業を取得中の方は、「★育児休業取得証明書 [PDFファイル:89KB]をあわせて提出してください。

妊娠、出産

・母子健康手帳(出産予定のお子さんのもの)の写し

※保護者氏名と出産予定日の記入があるページ

病気または障がいがある

・「★診断書(保護者用) [PDFファイル:66KB]または身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などの写し

同居または親族の介護・看護

「★看護(介護)されている人の診断書 [PDFファイル:66KB]」または身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などの写し

「★介護(看護)状況申告書 [PDFファイル:99KB]

就学

・在学証明書

※1日の就学時間・月の就学日数・就学終了予定が分かるものを添付してください。

求職活動

「★就労約束書 [PDFファイル:71KB]

 面接

平成30年度から初めて入所申込をされる方などは、子育て支援課職員が面接を行います。

 平成30年度から初めて入所申込をされる方(すでに兄弟姉妹が入所している場合でも新しく入所される子どもがいる場合も対象となります。)及び保護者が求職中である方、その他市が面接が必要であると判断した方について、子育て支援課職員が面接を行います。

面接日程

  1次受付期間に申し込みされた方は、平成30年1月中旬に面接を行います。2次受付、3次受付期間に申し込みされる方は、申し込み時に行います。

面接場所など
  1. 面接は、第1希望の保育所(園)・認定こども園で行います。(第1希望がうさぎ山こども園の方は「和木保育所」、里山子ども園の方は「跡市保育所」にて行います。)
  2. お子さんの状況、家庭の事情に詳しい方がお出かけください。
  3. 初めて入所されるお子さんは同伴してください。

   保育の必要性の認定通知について

  1.  保護者の就労状況や介護、看護の状況などにより、保育標準時間または保育短時間の判定をし、平成30年2月下旬に、「支給認定証」を発行します。
  2. 保育の必要性が認められない場合には「支給認定却下通知書」を発行します。(この場合には、保育所(園)には入所できません。)
  3. 4月以降に申請書を出された場合には、入所希望月の前月に「支給認定証」または「支給認定却下通知書」を発行ます。

 保育所(園)等の利用決定について

  1. 利用申請書を受理した後、保育所(園)等と利用調整を行い、平成30年2月の下旬に、入所が決定した方には、市より文書にて通知します。保育所(園)入所決定者には「利用承諾書」を送付します。認定こども園保育園部門または小規模保育施設入所決定者には「利用調整結果通知書」)を送付します。
  2. 入所が決定できなかった保護者にはご連絡いたします。
  3. 入所が決定した方で、保育料が決定した場合には、平成30年4月上旬に「保育料決定通知書」を発行します。
  4. 入所希望月が、5月以降の場合には、入所希望月の前月に入所決定した上で、「入所承諾書」「利用調整結果通知書」を送付します。

在園中で、平成30年4月以降も入所希望される場合(継続入所)

在園中の保育所(園)を希望の場合

現況届と、保育を必要とする理由を確認する書類(前記.保育を必要とする理由を確認する書類)を提出していただきます。

転園を希望の場合

現況届と、保育を必要とする理由を確認する書類(前記.保育を必要とする理由を確認する書類)、「利用施設変更申込書」、「保育所(園)利用申込補助票」 [PDFファイル:106KB]を提出していただきます。

平成30年度認定こども園幼稚園部門の入所申込について(1号認定)

対象年齢

 平成24年4月2日生まれから平成27年4月1日生まれのお子さん

入所申し込み

 入所希望の園へ直接申し込んでください。提出書類については園へお問い合わせください。

申込期間および選考基準

 

施設名受付期間選考基準連絡先
受付期間、選考基準、連絡先
あさりこども園11月20日から12月1日先着順(在園児が幼稚園部門に変更する場合は優先)0855-55-1024
さくらこども園11月20日から12月1日先着順(在園児が幼稚園部門に変更する場合は優先)0855-55-0017
うさぎ山こども園11月1日から11月17日先着順(江津幼稚園または松平児童館在園児は優先)

社会福祉法人江和会

0855-54-1425

のぞみ保育園11月1日から11月17日

先着順(きょうだいや地域について配慮します)

0855-53-2555

入所の決定

 園が決定し、園から通知します。

支給認定の申請

 入所が決まれば、市役所子育て支援課へ「施設型給付費・地域型保育給付費支給認定申請書兼保育所(園)等利用申込書」を平成30年1月31日までに提出してください。支給認定証を発行します。※すでに江津幼稚園に入園していて、江津市において1号認定を受けている場合は申請の必要はありません。

保育料の決定

 保育料の決定は、保育料額基準表に基づき、市が行います。市から「保育料決定通知書」を送付いたします。

保育料の納付

 保育料は園へ納付してください。納付方法や納付期限は園へお問い合わせください。

 

 

【記入例】保育所(園)利用申込補助票 [PDFファイル:149KB]

【記入例】支給認定申請書兼保育所(園)等利用申込書 [PDFファイル:407KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)