ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 子育て 子育て支援 子ども・子育て支援事業計画【平成28年度実績】
トップページ 分類でさがす 市政情報 市政運営 総合計画 子ども・子育て支援事業計画【平成28年度実績】

子ども・子育て支援事業計画【平成28年度実績】

掲載日:2017年11月1日更新
<外部リンク>

~地域みんなで育む こどもたちの未来 明るく心豊かに育て江津っ子~  

平成27年度から平成31年度までの5年間を計画期間とする「子ども・子育て支援事業計画」の平成28年度実績についてお知らせします

 大切な子どもたちの健やかな育ちを支えていくためには、家庭、地域、そして市が一体となって子育てを支援していくことが必要です。市では、「江津市次世代育成支援事業計画」を継承し、併せて幼児期の学校教育・保育及び地域の子ども・子育て支援の充実を図るべく「江津市子ども・子育て支援事業計画」を策定して、子どもたちが明るく心豊かに育つように取り組みを進めています。
 平成28年度の主な事業の取り組み状況は次のとおりです。

 乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)の推進

 生後4カ月頃までの赤ちゃんのいるすべての家庭を保健師等が全戸訪問し、子育て情報の提供、乳児・保護者の心身及び養育環境の把握、養育相談、助言その他の援助を行いました。対象者数は163人、訪問実績は161人で実施率は98.8%でした。(目標100%)

乳幼児健診受診率の向上

 乳児健診(3~4カ月)、1歳6カ月児健診、3歳児健診を子育てサポートセンターにおいて集団方式で実施しています。身体計測、問診、医師・歯科医師による診察、保健師・栄養士、歯科衛生士による相談・指導があります。
 受診率は、乳児健診98.7%、1歳6カ月児健診100%、3歳児健診100%でした。(目標100%)

保育所や学校等における食育の推進

 すべての保育所、児童館、幼稚園、小中学校において、食育活動の取り組みを実施しました。参加者数は、児童、保護者、地域の人を合わせて6,085人でした。
 また、高校生を対象にした食に関する学習を3校で実施しました。(目標4校)

地域における食育の推進

 栄養や食習慣など食生活の改善を推進し、生活習慣病の予防を行うとともに、地産地消の推進を図る取り組みを、栄養士や地域の食生活改善推進員などとの連携により各地域において合計240回実施し、2,783人の参加がありました。

地域子育て支援センターの利用促進

 地域の子育て家庭をはじめ、地域住民に開かれた子育て支援センターとなるよう、様々なソフト事業を企画・展開していくとともに、中核となる子育てサポートセンター(平成28年8月に江津ひと・まちプラザ パレットごうつに移転)と市内3カ所の地域子育て支援センターが連携しながら利用促進を図っています。利用者数は、子育てサポートセンターで6,697人、市内3カ所の地域子育て支援センターで4,621人でした。

親子のふれあいの促進

 「第11回江津市こどもまつり」(参加親子 約1,020人)、「第9回おやこキラキラコンサート」(参加親子 約560人)を開催し子育て家庭の交流の場、学びの場として多くの参加者を集めました。その際、子育て支援の啓発や関係団体の宣伝などを行い、連携して子育て支援ができる体制づくりを進めました。

保育所における園解放の取り組み及び地域のお年寄り等との交流

 在宅の子育て家庭と高齢者世代、小中高生など異年代との交流活動を保育所で行いました。世代間交流(保育所地域活動)の実績は7,812人でした。

放課後児童クラブの充実

 小学校の児童を対象に、適切な遊びと生活の場を用意し健全育成を図りました。放課後児童クラブ数は7カ所で、入所児童数は274人でした。このうち4年生以上は16人でした。(5月1日現在)

放課後子ども教室の充実

 放課後等に地域の公民館等を活用して、地域の方々の参画を得て、子どもたちとともに勉強・スポーツ・文化活動・交流活動等の取り組みを市内14カ所で実施しました。
 放課後児童クラブと放課後子ども教室が連携し一体的に活動を行った箇所数は4カ所でした。(目標7カ所)

小学生・中学生・高校生と乳幼児とのふれあい促進

 少子化や核家族化を背景として、次代を担う中高生が乳幼児とふれあう機会がなくなってきています。乳幼児とふれあうことにより命の大切さや子育ての意義を学ぶため、保育所、幼稚園において体験事業として実施しました。小・中・高のうち8校で実施し1,020人の参加がありました。(目標16校)

子育てコストの軽減

 乳幼児等医療費助成事業、保育料軽減事業、多子世帯への経済的支援(第3子以降保育料軽減事業)などを継続して実施しています。平成27年度より新たに、第3子以降の出産児に祝い金を支給する事業及び第3子以降の3歳未満児の一時保育料を無料とする事業を始めました。平成28年度は、ひとり親世帯等や多子世帯の経済的負担軽減のため、更なる保育料の軽減を行うとともに、ひとり親世帯等のファミリーサポートセンター利用料金の半額助成を開始しました。