ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

河本和也(地域振興課)からのメッセージ

掲載日:2020年7月10日更新
<外部リンク>

河本

私の仕事内容

私の所属する地域振興課は、地域振興係と定住推進係で構成されています。

地域振興係では地域コミュニティ組織を中心とした地域活動の維持・推進を目的とした事業を担当しており、その中で私は主に市内20地区にある地域コミュニティ交流センターの施設管理に関する業務を行っています。

昨年までは定住推進係の空き家活用や定住相談を主に担当し、江津市ビジネスプランコンテスト事業にも関わりました。

私は江津市出身ではないので、仕事で様々な地域の人と接する中で、江津市のことを少しずつ学んでいます。

江津市役所を選んだ理由

地域の魅力化に関わる仕事をしたいと思い、地域により近い場所で働ける市役所を受験することを考えていました。

江津市を選ぼうと思ったのは、高校生の時に江津市ビジネスプランコンテストから起業した人の話しを聞き、それに興味をもったことがきっかけです。

地域にある課題を様々な工夫で魅力につなげるエネルギーを持った人たち、それを支える人たちと一緒に働いてみたいと思い、江津市役所を選びました。

ある日のスケジュール

08時30分 始業 メールの確認

09時00分 センター施設点検

12時00分 昼休憩

13時00分 西部県民センターとの情報交換会

15時00分 経費の財務処理

16時00分 空き家活用に関するヒアリング

17時30分 退庁

志望する人へ一言

市役所は江津市の様々な課題が集まる場所であると同時に、江津市に魅力を感じ、まちのために考え、努力するひとが集まる場所だと感じています。

仕事の中で大変なこと、苦しいこともありますが、そうひった人たちと一緒に働けるのは楽しく、やりがいがあります。

江津市に魅力を感じ、選んでくださった皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。