ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日野裕太(保険年金課)からのメッセージ

掲載日:2020年7月10日更新
<外部リンク>

日野

私の仕事内容

私が所属する保険年金課は、健康保険や年金を取り扱う課ですが、その他に福祉医療と乳幼児医療という医療費助成制度があります。

私はこれらの制度を担当しており、前者は障がい者の人やひとり親家庭の人、後者は小学校就学前の子どもさんを対象に、医療費の助成を行っています。

また、来年度からは新たに小学生を対象とした医療費助成制度が開始予定であるため、その準備を着々と進めています。

江津市に住んでいる人の経済的負担を少しでも減らしたいという思いで日々仕事をしています。

江津市役所を選んだ理由

私が江津市役所を選んだ理由は、新聞を読んで興味を持ったからです。

私は広島出身の広島育ちで、以前は江津市のことをよく知りませんでした。

しかし、たびたび新聞で「第6次産業」などの記事を読んでいるうち、地域活性化のための取り組みが盛んな市として印象に残りました。

そんな中、職員募集の記事を新聞で見かけ、私も江津市を支える職員の一人として市民の人とふれあったり、地域の発展に貢献できたらと思い、志望しました。

ある日のスケジュール

08時30分 始業、メール確認

09時00分 福祉、乳幼児医療費助成申請書の処理

11時00分 電話、窓口対応

12時00分 昼休憩

13時00分 福祉、乳幼児医療対象者の1か月の診療データの確認

14時00分 資格喪失後受診者を抽出し、医療機関へ報告

15時00分 高額療養費該当者の抽出

16時00分 高額療養費該当者へ申請書の押印依頼

17時15分 終業

志望する人へ一言 

市役所の仕事は様々な分野に分かれており、どれもあらゆる面で地域住民との関わりがあります。

人々のためになるようなことがしたい、地域に貢献したいという思いを持っている人はぜひ市役所で働きましょう。

具体的に何がしたいか決まってない人でも市役所職員として仕事をすることで、自分の成し遂げたい目標や将来像がはっきりと描けるかもしれません。

皆さんと江津市で共に働く日を楽しみに待っています。