ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす しごとの情報 産業振興 農林業 ごうつの6次産業 新食材「まる姫レバー入りつくね」が学校給食デビューしました
トップページ 分類でさがす しごとの情報 産業振興 商工業 ごうつの6次産業 新食材「まる姫レバー入りつくね」が学校給食デビューしました

新食材「まる姫レバー入りつくね」が学校給食デビューしました

掲載日:2018年7月10日更新
<外部リンク>

苦手な人も多いレバーをおいしく

6月19日はごうつ食育の日。

この日、学校給食で新食材「まる姫レバー入りつくね」がデビューしました。

まる姫レバー入りつくねを食べて笑顔の女子児童

2年かけて地元企業と共同開発

「栄養価が高いけど、苦手な人が多いレバーを子どもたちに食べてもらいたい」

2年かけて、江津市学校給食センターと地元企業の若女食品株式会社が共同で開発しました。食べやすさを考えて、子どもに人気のある肉団子から発想を得て、レバーと魚のすり身を混ぜてつくねを作りました。

まる姫レバー入りつくねの給食

「おいしくて食べやすい」とペロリ

市内すべての学校で、まる姫レバー入りつくねの甘酢あんという献立で提供されました。

新食材を試食してみようと、郷田小学校では教育長をはじめとする関係者と給食交流会が開かれました。

開発秘話を聞きながら、児童たちはつくねをほお張ります。「もちもちしてジューシーだった」と高橋凌太さん。普段レバーが苦手な児童も、おいしくて食べやすいとペロリと平らげました。

今後は、他の献立での活用を予定しています。まずは給食で普及させた後、江津の新名物を目指して一般販売を検討していきます。

郷田小学校での給食交流会