ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

一次産業者の圃場を見学しました

掲載日:2021年9月24日更新
<外部リンク>

株式会社GPAの生産現場見学会

9月15日(水曜日)、9月22日(火曜日)に、市内飲食店の人と浅利町にある株式会社GPAの生産現場を訪れ、見学会を実施しました。

8月31日に開催した第2回の飲食店対象の意見交換会において、生産現場見学の希望が多数あり、今回見学会という形で2回に分けて実施しました。

9月15日は6人、9月22日は5人、合計で11人が圃場を訪れました。

見学会写真

写真中央が株式会社GPAの佐々木副社長

株式会社GPAとは

2016年に設立した株式会社GPAは、地下水を利用し、水耕栽培で主にクレソンを育てています。

株式会社GPAの「ゴウツクレソン」は首都圏でも多く取り扱われています。

ビニールハウスの中で、水耕栽培によって作られたクレソンのおいしさは、SNSや口コミで広まっていっているとのことです。

種まきから約45日で収穫へ

水耕栽培のクレソンは、毎日のpHチェックが欠かせないとのことでした。

写真は収穫まであと2週間程度のクレソンです。これから茎が太く、成長していきます。

見学会の様子

晴れると、固くてまっすぐなクレソンになり、40センチくらいになったら収穫をされるようです。

スーパーへは、家庭で使いやすい20センチ程度にして納品されています。

クレソン写真

飲食店のみなさんからは、「違う葉物野菜がミックスされているとサラダに使いやすい」との意見がありました。

ナズナに似ている?クレソンの花

成長したクレソンに花が咲いていました。

佐々木副社長によると、「花が咲いて種ができてしまうと、規格外となってしまうので、収穫のタイミングは気を付けています。」とのことでした。

クレソンの花

(参考)株式会社GPA

島根県江津市浅利町166番地2 アサリハウス

株式会社GPA公式サイト<外部リンク>(別のサイトに移動します。)

主催・問い合わせ先

江津市6次産業創造戦略会議事務局(江津市農林水産課内)

電話:0855-52-7493