ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす 市政情報 市の概要 市長の部屋 市長の部屋 変化に立ち向かい オール江津で ふるさとを守る

変化に立ち向かい オール江津で ふるさとを守る

掲載日:2018年1月1日更新
<外部リンク>

平成30年1月1日

 市民の皆さま、 新年あけましておめでとうございます。お健やかに新年をお迎えのことと心よりお喜び申し上げます。

 現在、人類は、情報技術革命という18世紀の産業革命に次ぐ社会の大転換期の真っ只中にあると言われています。インターネットの普及とコンピューターの高度化により、私たちの日常生活を取り巻く環境は大きく変わり、個人の価値観、行動様式、夢や理想も多様化し、これらの変化はまだまだ続いていくことを実感します。これにより、更に便利で可能性が広がる社会となる反面、行き過ぎた個人主義や国家の保護主義など変化にともなう軋(きし)みも現れているのはご承知のとおりです。

 あわせて、20世紀に築いてきた私たちの財産の多くが失われ、対策を余儀なくされる事態にも直面しています。本市であれば、昭和5年の開通から江の川沿いの人と物の移動を支えたJR三江線の廃線、日本の近代建築を代表する建築家・吉阪隆正氏設計の市役所本庁舎の老朽化による建て替え、道路・橋梁・水道施設などの大規模な施設補修などがあげられます。

 少子化、高齢化の進む社会にあって、本市の人口は昨年末に初めて2万4千人を下回りました。

 このような時代の大変革期にある今だからこそ、安全、安心、快適な市民生活を送るため、眼前の難事に対して、敢然と立ち向かい、最大限の効果を得る対策に取り組まなければなりません。

 人口の減少が進む本市の将来の在り方を示し、各種の対策を定めた「江津市版総合戦略」は、この春で4年目に入ります。総合戦略については、ビジネスプランコンテストなどによる意欲と能力の高い人材の移住および起業の促進、ち密なサポートによる誘致企業の獲得など、本市独自の取り組みが着実に成果を挙げています。

 ただし、総合戦略の目的を達成するには、市民の皆さんと行政とが改めて力を合わせ、オール江津で取り組み続けていくことが必要です。幸い、市内すべての地域には新しい住民自治を推進する地域コミュニティ組織が設立されていますので、各組織と市行政との協働による新しいまちのカタチづくりが更に推進できるのではないかと大きく期待しています。

 私たちの誇るふるさと江津が、小さくともキラリと光るまちであり続けるように、平成30年も市民の皆さまとともに前を向き、力強く歩んでまいりたいと考えています。本年も変わらぬご理解とご協力を賜りますようにお願い申し上げます。

江津市長 山下 修

Go-Gotsu 山陰の創造力特区へ