ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 江津市立桜江小学校 2月3週のトピックス
トピックス一覧

2月3週のトピックス

掲載日:2017年2月13日更新
<外部リンク>

2月13日(月曜日)~17日(金曜日)


 2月13日の写真です。2月13日(月曜日)
 
 今日は全校朝礼で、表彰をしました。
 江津市書き初め展入賞作品の表彰と人権作品コンクールの表彰です。みんなで入賞した人にしっかりと拍手をしました。
 
 人権標語の部に入選した2人の作品を紹介します。
  ○いやなこと されても 人にしたらダメ
  ○みんな仲よくするために
     いじめやむしを とめるんだ
 
 校長先生は、改めてしっかり挨拶を届けようというお話をされました。
 優しい挨拶の飛び交う桜江小学校にしたいですね。 


 2月14日の写真です。2月14日(火曜日)
 
 月曜日からの桜江小学校の廊下はピカピカに光っています。
 先週末金曜日に、子どもたちと一緒に、まずはきれいに掃除をしました。その後、ワックスはがし、水拭きを念入りにしました。子どもたちは長い廊下を何往復も雑巾がけをしました。とても働き者の子どもたちです。
 子どもたちが下校してから、職員で廊下の隅々までしっかりワックスをかけました。
 そして月曜日に登校してみると、見違えるようなピカピカの廊下に生まれ変わりました。光を当ててみると、ごくまれにワックスを塗っていないところが見えるのが、ちょっと悔しいところです…。 
 
 


 2月15日の写真です。2月15日(水曜日)
 
 今日は、14名の地域の方に来ていただいて、1年生に昔遊びを教えていただきました。
 多目的室に3つのコーナーができました。
  ○はねつき
  ○こま
  ○あやとり、お手玉
 それぞれ得意な技を教えてもらっています。
 実は、この会は先月に企画していました。しかし、インフルエンザの流行のため、今日に変更しました。(今の桜江小学校では、インフルエンザの流行は完全に収まっています。)
 お忙しい中、たくさんの皆さんに来ていただき、子どもたちはとっても喜んでいました。ありがとうございました。
 


2月16日の写真です。2月16日(木曜日)
 
 2月に入って縦割り班の12組に分かれて大なわにチャレンジしています。2月の授業公開日には、全校でのなわとび集会が企画され、八の字跳びと長縄跳びに取り組みます。
 縦割り班のメンバーで「せえの!」と大きな声を出し、タイミングを合わせて跳んだでいます。なわに引っかかってしまった子には「頑張ろう」と声をかけます。
 記録更新をめざしつつ、さわやかな表情がどの班にも見られてついつい応援する声も大きくなります。
 公開日の5時間目に本番をむかえます。
 
 


2月17日の写真です。2月17日(金曜日)
 
 2年生が楽しみにしていた大元神楽の伝承館見学に行きました。市山地域コミュニティ交流センターに着き、本山さん、森下さん、湯淺さんに神楽について教えていただきました。
 神楽のことが大好きな子たちは、行く前からテンションが高く、はやる気持ちをおさえることができない様子でした。家族や近所のおじさんに話しかけるやんちゃな孫たちのような態度にも、皆さんは笑顔で、
「意味が分かったかいのお、むずかしいけえなあ。」
と優しく対応をしてくださいました。
 20個近くの質問を考えて行きましたが、中でも天蓋に使われる5色の色について教えてもらったことが印象に残ったようです。東方の緑(青)は木の神様、西方の白はお金の神様、北方の紫(黒)は水の神様、南方の赤は火の神様を表し、中央の黄色が土の神様を表すことをなんども復唱して覚えようとしている姿がありました。どの世界も知ってみると本当に興味深く、面白いものです。
 普段は触わることもできない天蓋を上げ下ろしさせてもらい、太鼓も自由にたたかせてもらいました。帰りには、幣を1本ずついただき、みんな最高の笑顔で帰りました。
 今日の体験が400年以上前から受け継がれている大元神楽を伝承する気もちへと繋がるとすてきですね。