ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マイナンバー制度とは

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

平成27年度より随時スタートする社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)を説明します。

マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用される社会基盤(インフラ)です。住民票を有するすべての方に1人1つの番号(12けた)を付して、社会保障・税・災害対策の分野で効率的に情報を管理して使用されます。

マイナンバー制度導入による3つのメリット

1.国民の利便性の向上

各種申請時に必要な添付書類が削減されるなど、行政手続きが簡素化され市民の皆さんの負担が軽減されます。
※住民票など市役所で発行する証明書類の添付を省略できるのは平成29年7月からとなります。

2.公平・公正な社会の実現 

所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるために、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができます。

3.行政の効率化

行政機関や地方公共団体で、様々な情報の照合などに要している時間や労力が大幅に削減され、手続きがより正確に行えるようになります。また、複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されます。

マイナンバーの利用範囲

マイナンバーは、社会保障・税・災害対策分野のうち法律で定められら事務に限って利用することができます。また、これらに類する事務で市が条例で定める事務について利用ができます。民間事業者においても源泉徴収票や支払調書の作成、健康保険、厚生年金、雇用保険の被保険者資格取得届の作成など法律で定められた範囲に限りマイナンバーを利用することができます。

マイナンバーは大切な個人情報です

  • なりすまし防止のため、マイナンバーのやりとりの際には厳格な本人確認が必要となります。
  • 法律で定められた目的以外でマイナンバーを利用することや提供することはできません。
  • 他人のマイナンバーを不正に入手することや、他人のマイナンバーを取り扱う者がマイナンバーや個人の情報が記録された個人情報ファイルを不当に提供することは処罰の対象となります。

マイナンバー制度に関する最新情報など

マイナンバー制度に関する最新情報をはじめ制度全般にわたって紹介されています。
内閣官房「社会保障・税番号制度ホームページ」<外部リンク>

マイナンバーの概要がまとめてあります。
マイナンバーの概要<外部リンク>(PDF:3.7MB)

よくある質問

マイナンバー制度についてよくあるお問い合わせが紹介されています。
内閣官房「社会保障・税番号制度ホームページ(よくある質問コーナー)」<外部リンク>

今後のスケジュール

平成29(2017)年 1月 マイナポータル利用開始

平成29(2017)年 7月 国・地方の公的機関においてマイナンバーの連携が開始

電話相談窓口(コールセンター)のご案内

内閣府により、マイナンバー制度についてご不明なことがお問い合わせできる電話相談窓口(コールセンター)が開設されました。

電話番号

  • 日本語窓口 Tel:0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)
  • 外国語窓口 Tel:0570-20-0291(全国共通ナビダイヤル)

対応時間

  • 平日…9時30分~22時
  • 土日祝日…9時30分~17時30分 ※年末年始12月29日~1月3日は除きます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)