ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 財政課 建設工事の最低制限価格の算定式の見直し

建設工事の最低制限価格の算定式の見直し

掲載日:2018年4月11日更新
<外部リンク>

江津市が発注する建設工事について、最低制限価格制度における算定式をを下記のとおり見直します。

適用時期

平成30年4月1日以降入札公告、指名通知を行う工事から適用する。

改正内容

 

現行改正
最低制限価格算定式

(1)直接工事費の95%

(2)共通仮設費の90%

(3)現場管理費の80%

(4)一般管理費の55%

(1)~(4)の合計

ただし、合計額が予定価格の10分の8を下回る場合
は10分の8とし、予定価格の10分の9を超える場合は
10分の9とする。
※いずれも、概ねの数値

(1)直接工事費の97%

(2)共通仮設費の90%

(3)現場管理費の90%

(4)一般管理費の55%

(1)~(4)の合計

ただし、合計額が予定価格の10分の8を下回る場合
は10分の8とし、予定価格の10分の9を超える場合は
10分の9とする。
※いずれも、概ねの数値