ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

江津市消防団協力事業所表示制度

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

消防団協力事業所表示制度

江津市では、事業所との連携強化を図ることで、消防団員への一層の理解及び協力を得て、消防団員の確保や活動環境の整備を進めるため、消防団協力事業所表示制度を制定しています。

1.制度の内容

(1)認定基準(次のいずれかに適合している場合)

1)消防団員として 1 年以上在籍している従業員が、全従業員の5%以上(最低 2 人以上)いる事業所
2)従業員の消防団活動について積極的に配慮している事業所
 (例:勤務時間中の出動・訓練等に配慮、消防団活動を地域活動と評価し、人事上不利に扱わないなど)
3)災害時等に事業所の資機材等を消防団に提供するなど協力をしている事業所など                                     

(2)申

様式第2号により市長に申請する。
※申請書の様式はこちらからダウンロードできます。

  1. 江津市消防団協力事業所表示申請書
  2. 江津市消防団協力事業所表示申請書(推薦用)

(3)認定及び表示証の交付

市長は申請書及び添付書類を審査し、認定する。
認定をした事業所に表示証を交付する。

(4)表示証の表示

表示証は、事業所の見えやすい場所に表示する。
パンフレット、チラシ、ポスター、看板等に使用する場合は、寸法を同率で拡大、縮小して表示することができる。

(5)有効期間

認定の日から2年(更新可能)

(6)事業所の公表

認定を受けた事業所は、市の広報紙、ホームページ等で公表する。

(7)表彰

協力内容が特に際立っていると認められる場合は、江津市消防団表彰規則に基づき表彰することができる。

2.制度の実施

平成20年6月1日から実施