ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす 市政情報 まちづくり 協働・NPO Go-Con 江津市ビジネスプランコンテスト
トップページ 分類でさがす しごとの情報 産業振興 商工業 Go-Con 江津市ビジネスプランコンテスト
トップページ 分類でさがす 市政情報 市政運営 地域振興 Go-Con 江津市ビジネスプランコンテスト

Go-Con 江津市ビジネスプランコンテスト

掲載日:2017年6月23日更新
<外部リンク>
Go-Con2017
今年も“Go-Con”のプラン募集がスタートしました!

“山陰の創造力特区”江津市の代名詞ともいえる「江津市ビジネスプランコンテスト(通称:Go-Con)」。
全国のどなたでもご応募いただけます。
ユニークで熱いプランをお待ちしています!

詳しくは、コチラをご覧ください。

求む!創造の実践者

Go-Conの写真
2016年の最終審査会を終えて。ファイナリストと審査員、参加者で記念撮影

全国的に、少子高齢化や都市部への流出による人口減少が問題になっています。働く場所の確保は大きな課題ですが、企業立地は一朝一夕にできるものではありません。
そこで江津市が着目したのは「創業支援」でした。働く場所が少ないならば、働く場所を創造できる人を発掘し、育てよう!
新たな人材を求め、2010年に始まったのが「Go-Con 江津市ビジネスプランコンテスト」でした。

大賞受賞者から7件の新規創業

クラフトビール「石見麦酒」の山口さん夫妻
2014年大賞受賞の山口さん夫妻はクラフトビールを醸造

これまで7回開催した中で、Go-Conの大賞受賞者から7件の新規創業が実現しています。これらの大半はU・Iターン者によるもので、その業種もカフェレストランに工房、クラフトビール醸造、ゲストハウス経営など個性豊かです。

Go-Conの強みは、何と言ってもサポート体制の充実。行政、商工会議所、金融機関が一体となって起業者を支援します。それは大賞受賞者に限らず、コンテストをきっかけに起業した人たちに対してもです。コンテストをきっかけに、行政と民間の間に入って支援活動を担うNPO法人も立ち上がり、今ではまちづくりの重要な核になっています。

これらの取り組みにより、本市は外部から「何かができるまち」「挑戦者を受け入れるまち」との評価を受けるようになり、平成25年には「過疎地域自立活性化優良事例表彰」で総務大臣賞を受賞しました。

Go-Conのことをもっと知るには

Go-Conウェブサイト<外部リンク>
応募・出場情報や過去の受賞者の取り組みを掲載。創業相談の窓口も紹介しています。

NPO法人てごねっと石見ホームページ<外部リンク>
Go-Conの運営を担っているてごねっと石見のホームページ。過去のコンテストの様子もご覧になれます。

GO-GOTSU!サイト<外部リンク>
創造者たちを紹介する江津のスペシャルサイト。歴代の受賞者の一部も紹介されています。