ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 都市計画課 景観条例に基づく届出

景観条例に基づく届出

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

 江津市では、本市固有の「ふるさと江津の景観」を守り・育て・創造していくことを目的に、平成23年6月に景観行政団体となり、平成25年12月に景観計画を策定しました。
 平成26年10月1日からは、景観法に基づく「江津市景観計画」と「江津市景観条例」によって、市内全域を対象とした取り組みが始まります。
 景観計画では市内全域を景観法に基づく景観計画区域として指定し、一定規模以上の建築物の新築・増築・撤去および工作物の新設・増築・撤去などを行う際には、市へ事前に届出をしていただきます。

届出の概要


 届出対象範囲:市内全域
 ※市内全域を景観計画区域とします。
  その区域の中を景観まちづくりのモデルとなる重点地区等の4種類に分類し、各地区に応じた基準を設けます。
  分類等についての詳細は下記資料をご参照ください。

届出部数


 2部

関係資料


 江津市景観計画(PDF)
 届出対象範囲・届出の流れ(PDF)
 届出対象行為一覧(PDF)
 景観形成基準(PDF)
 届出書様式(PDF)
 届出書様式(Word)
 届出書に添付する書類一覧(PDF)
 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)