ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす 市政情報 広報・広聴 パブリックコメント 【パブリックコメント】江津市庁舎基本設計説明書(案)に対するパブリックコメント(意見提出手続き)を開始します

【パブリックコメント】江津市庁舎基本設計説明書(案)に対するパブリックコメント(意見提出手続き)を開始します

掲載日:2018年11月22日更新
<外部リンク>

江津市役所新庁舎の基本設計(案)について、市民のみなさんから意見を募集します

公開資料を確認して、募集要領に沿って意見をご提出ください。

みなさんからいただいたご意見は、検討したうえで実施設計に反映します。

新庁舎正面のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

公開資料

江津市庁舎基本設計説明書(案)

※印刷版は、都市計画課、桜江支所、各地域コミュニティ交流センターに備え付けてあります。

経緯

昭和37年に竣工した江津市庁舎は、築50年以上経過し耐久・耐震性能に不安があることから平成26年より各種の調査を進めて来ました。

その結果、市庁舎としての耐震性能に問題があることが判明し、さらに熊本地震の事例等から改修を施しても大規模な地震時に防災拠点としての機能が発揮できない可能性があるという専門家の指摘を受けました。そのため、新庁舎整備の可能性を検討した「市庁舎改修整備基本計画」を平成29年3月に策定しました。

そして、市内23カ所での市民説明会やパブリックコメントを通じて市民のみなさんから意見をいただいた結果、同年8月に新庁舎をシビックセンターゾーンの江津警察署東側の公有地に新庁舎を整備する方針を正式に決定しています。

その後、10月に基本設計業務に着手し、市民ワークショップや設計有識者会議からいただいた様々な意見を取り入れて「市庁舎基本設計報告書(案)」を作成しました。

新庁舎整備の詳しい経過はこちらから確認できます↓

新庁舎建設事業の経過をお知らせします

募集要領

計画等名称

江津市庁舎基本設計説明書

意見募集期間

11月26日月曜日から12月25日火曜日まで

※必着

意見書提出資格要件

次のいずれかに該当する人

  1. 江津市内に住所を有する人
  2. 江津市内の事務所または事業所に勤務する人
  3. 江津市内の学校に在学する人
  4. 江津市に対して納税義務を有する人
  5. 計画等に直接的な利害関係を有する人
  6. その他市に縁のある人

意見書提出方法

資格要件、住所、氏名、連絡先、計画などに対する意見を所定の意見書に明記のうえ、次のいずれかの方法でご提出ください。

なお、すべての項目にご記入ください。記入されていない項目があると、意見として検討しない場合があります。

郵送の場合

〒695-8501(住所記入不要) 江津市都市計画課あて

ファクシミリの場合

電話番号 0855‐52‐1379
都市計画課あて

電子メールの場合

pubcome@city.gotsu.lg.jp

 ※表題を「江津市庁舎基本設計説明書」に対する意見」としてください。

直接提出される場合

都市計画課にご提出ください。

意見書様式

パブリックコメント意見書 [Wordファイル:34KB]

市民説明会

日時

12月16日(日曜日)午前10時から午前11時30分

場所

パレットごうつ 多目的ホール

内容

1.新庁舎整備を決定した詳しい経緯

2.新庁舎基本設計(案)の詳しい内容

  • 計画概要
  • 建築計画(平面計画・意匠計画)
  • 施設計画
  • 電気設備計画
  • 機械設備計画

3.質疑応答

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)