ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 ごみ・環境 環境 レジ袋の使用削減に取り組んでいます

レジ袋の使用削減に取り組んでいます

掲載日:2017年1月13日更新
<外部リンク>

江津市地球温暖化対策推進協議会では、豊かな自然環境を次世代に引き継ぐため、地球温暖化防止と循環型社会の構築に向けて、環境にやさしい生活様式への転換を図ることを目的に、 平成 24年2月からレジ袋の無料配布中止に取り組んでいます。

レジ袋削減の意義

ごみの減量化

江津市内ではレジ袋無料配布中止の取り組み以前は、年間624万枚(62.4t)が使用されていました。

石油資源の消費抑制

レジ袋を1枚生産するのに石油18.3mlが必要です。
江津市内では、年間114kl(ドラム缶570本)の石油が使用されることとなります。

地球温暖化の防止

レジ袋1枚生産・焼却するのに60gの二酸化炭素が排出されます。
江津市内では、年間374tの二酸化炭素が排出され、この二酸化炭素を吸収するのに杉の大木が26,720本必要になります。

使い捨て生活の変革

  「使い捨て生活」から「『もったいない』の心を大切にする生活スタイル」へ見直すきっかけになります。

江津市エコキャラクター「エーコさん」江津市エコキャラクター 「エーコさん」

事業者の皆さんへ

レジ袋無料配布中止に参加するお店を募集します

  1. 参加資格
    商品販売時にレジ袋を配布されているお店であれば、業種・規模・形態は問いません。

  2. 参加費

  3. 無料(のぼり・ポスターなどの啓発用品は提供します。)

  4. 申込方法
    レジ袋削減に向けた取り組みに関する協定参加申込用紙に必要事項を記入のうえ、直接または郵送・ファックスで提出してください。  

詳しい内容説明を希望される場合は、下記まで連絡してください。説明に伺います。

市民の皆さんへ

マイバッグを持って買い物へ行きましょう

お買い物に行く時は、マイバッグを持参しましょう。マイバッグを持参することで、ゴミの減量化になり、地球温暖化などの環境問題を考えるきっかけにもなります。

マイバッグでお買い物をする時のマナー

  • マイバッグは折りたたんだまま買い物をしよう!
  • お店に備付の買い物かごを使おう!
  • マイバッグはレジを通ってから使おう!

江津市地球温暖化対策推進協議会とは

地球温暖化対策を推進するため、平成 21年9月に市民、事業者、行政により設立した組織です。
温暖化対策の一環として、レジ袋削減、グリーンカーテン、温暖化防止標語の募集等の活動をしています。