ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 子育て ひとり親支援 「母子父子寡婦福祉資金」予約貸付受付中

「母子父子寡婦福祉資金」予約貸付受付中

掲載日:2017年8月1日更新
<外部リンク>

 母子父子寡婦福祉資金の予約貸付の申請を受付けています。

母子父子寡婦福祉資金とは? 母子家庭の母、父子家庭の父及び寡婦の方など対象とし、経済的自立の助成と生活意欲の助長を図り、あわせて児童の福祉を増進するために必要な資金を低利子でまたは無利子で貸し付ける制度です。

対象となる人

 平成30年4月の進学などを希望している人で

  1. 児童を扶養する母子家庭の母または父子家庭の父
  2. 20歳以上の子を扶養する寡婦
  3. 父母のいない児童

児童の進学などを対象とする資金

 この予約貸付制度は、平成30年4月期に新たに修学または修業しようとする場合、あらかじめこの資金の貸付が受けられるという見通しをつけることにより、児童の進学等を容易にすることを目的とするものです。

 貸付はいずれも無利子です。

1 修学資金

 高等学校、大学、高等専門学校または専修学校に就学するための授業料、書籍代、交通費などに必要な資金

2 修業資金

 就職するために必要な知識技能を習得するために必要な資金

3 就学支度資金

 就学、修業するために必要な入学金や被服などの購入資金

母子家庭の母、父子家庭の父及び寡婦の知識技能習得を対象とする資金

 この予約貸付制度は、母子家庭の母、父子家庭の父または寡婦が平成30年4月期に新たに自ら事業を開始し、または就職するために必要な知識技能を習得しようとする場合、あらかじめこの資金の貸付が受けられるという見通しをつけることにより、母子家庭の母、父子家庭の父または寡婦の知識技能の習得を容易にすることを目的とするものです。 

 連帯保証人を立てる場合は無利子です。

1 技能習得資金

 就職するために必要な知識技能を習得するために必要な資金

注意事項

  • 独立行政法人日本学生支援機構法による奨学金など、他制度による奨学金の貸与を受ける人は、児童の進学などを対象とする資金の対象となりません。
  • 貸付申請前に面接を行います。(児童の進学などを対象とする資金では、児童の面接もあります。)
  • 申請から貸付決定までに時間を要しますので、余裕をもって申請してください。

お問い合わせ

  • 江津市役所子育て支援課子育て支援係 電話0855-52-7487
  • 島根県地域福祉課石見スタッフ 電話0855-29-5543