ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 分類でさがす くらしの情報 学校・教育 食育 ❝かしこい❞ごうつ食育たより(夏号)

❝かしこい❞ごうつ食育たより(夏号)

掲載日:2017年6月19日更新
<外部リンク>

毎月19日と第3日曜日は「家族deおうちごはんの日」

 江津市では、毎月19日の「ごうつ食育の日」と第3日曜日の「しまね家庭の日」を「家族deおうちごはんの日」として、家族団らんの楽しい食卓づくりを推進しています。

家族団らんの食卓のイラスト

子どもの成長につれ、家族で一緒に食卓を囲む機会が少なくなっています。

 近年、仕事や子どもの習い事などで家族それぞれの生活時間が合わず、家族全員がそろって食卓を囲むことが難しくなってきています。

◆ほぼ毎日、お子さんと家族が一緒に食卓を囲んでいる割合 (H27 江津市食育推進計画に関するアンケート調査より)

家族揃って食卓を囲んでいる割合

 
保育所・幼稚園90.0%
小学校89.4%
中学校87.8%

 

家族団らんの「食卓」が育むもの  

・家族とのコミュニケーション

・食事の楽しさ

・食文化やマナー

・栄養バランス

・規則正しい食習慣

それぞれの家庭に応じた“家族団らんの食卓”をつくりましょう!

家族が食卓を囲み、食事をしながらコミュニケーションを図る家族団らんの食事は、“身体と心を育む”大切な場です。家族で話し合い、団らんの時間を見直してみませんか?

◆たとえば、こんな提案!

□ 家族そろって食べる日を増やす。

   ・家族の予定をカレンダーに書き込み、家族がそろう日に印をして、一緒に食卓を囲む。

   ・家族のお祝い事(家族の誕生日、学校行事、大会、おめでたい出来事など)をみつけ、一緒に食卓を囲む。

   ・子どもやお父さんがメインに料理する日を作り、家族に振る舞う。

□ 家族そろって食べる時間を工夫する。

   ・早起きして、家族そろって朝ごはんを食べる。

   ・食事の準備を家族で分担し、一緒に食卓を囲む時間を増やす。   

□ 家族団らんの食卓を楽しむ。

   ・食事の時はテレビやスマホなどの電源を切り、家族との会話を楽しむ。

   ・今日のできごとを順番に話すなど、子どもが話しやすい環境をつくる。   

家族そろって食卓を囲むための具体的な提案