ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 江津市立渡津小学校 1月30日(火曜日)6年生音楽出前授業(渡津小学校)

1月30日(火曜日)6年生音楽出前授業(渡津小学校)

掲載日:2018年1月30日更新
<外部リンク>

1月30日(火曜日)6年生音楽出前授業

 今日は6年生音楽の授業で、教頭先生による出前授業が行われました。
 教頭先生は平成11年度からの3年間、南米チリのサンチャゴ日本人学校での勤務経験があります。その時に南米の楽器演奏を習ったり、たくさんの楽器を持ち帰ったりしておられます。
 6年生の音楽では「日本と世界の音楽に親しもう」という単元があり、そこに「楽器による世界のいろいろな国の音楽に親しみましょう」という内容があります。今回はそこで取り上げられているペルー、ボリビアなどのアンデス地方に伝わるフォルクローレで使われている楽器の紹介をしてもらいました。
<ケーナ/コンドルは飛んでいく>
ケーナ
<南米のいろいろな楽器/レインスティック、ケーナ、タルカ、サンポーニャ、チャフチャス、トゥルトゥルーカ>
南米のいろいろな楽器
<楽器体験/ケーナ(なかなか音が出ません)>
楽器体験、ケーナ
<楽器体験/ベネズエラの楽器、クアトロ>
楽器体験、クアトロ
<楽器体験/チャランゴ>
楽器体験、チャランゴ
<楽器体験/ギター>
楽器体験、ギター
<楽器体験/サンポーニャ>
楽器体験、サンポーニャ
<楽器体験/タルカ>
楽器体験、タルカ
<楽器体験/トゥルトゥルーカ>
楽器体験、トゥルトゥルーカ
 現代の楽器は耐久性をよくしたり、大きな音を出したり、演奏しやすくするために金属部品が多く使われていますが、今回紹介してもらった楽器は自然の材料ばかりです。素朴な音色のよさとともに、簡単には音が出ない難しさにも驚いた様子でした。