ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 江津市立江津中学校 江津中学校 学校だより4月号

江津中学校 学校だより4月号

掲載日:2017年4月28日更新
<外部リンク>

新年度の始まりです (平成29年4月27日)

 

 4月が終わろうとしています。新入生71名を迎え、生徒数222名で今年度がスタートしました。職員一同、生徒の皆さんとともに、実り多い学期を創っていきたいと思っております。保護者や地域の皆さん方には、変わりませず温かいご支援ご協力を頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 さて、この「江中」という学校便りを今年度も引き続きお届けいたします。他の通信等と共にお読みいただければと存じます。内容については他の通信と多少異なり、校長としての思い、学校として大切にしたいこと、保護者の皆さんへのお願いや生徒の皆さんに是非意識して実践してもらいたいことなどやや固いものとなりそうですが、趣旨に免じてご容赦下さい。生徒の活動の様子等はホームページや学級通信でお知らせします。 本号においては、今年度の学校教育目標等についてあらためてご紹介いたします。


 江中生の目標はこれだ!

 1 めざす江中生
  「人権を尊重し、自ら学び、豊かな心をもち、たくましく生きる江中生」
 2 そのために必要なものとして、江中生は「生きる力」の基盤を育む
  「生きる力」とは『確かな学力』『豊かな人間性』『健やかな体』の三つである
 3 校訓に則った江中生の姿
    「自主」:自らの考えで行動し、自己を高めようとする江中生
   「協同」:互いに支え合い、認め合う江中生
    「友愛」:一人一人の違いと良さを認め、互いを大切にする江中生
    「勤労」:進んで働くことを喜び、感謝の気持ちを大切にする江中生
    「健康」:明るくたくましくねばり強い江中生


 以上が年度初めに先生方に提示した、いわゆる「学校教育目標」と呼ばれるものの概要です。これらの冒頭に「夢を育む学校創り」というスローガンを冠して、PTA総会の折に保護者の皆さん方に配付させていただきました。本校の種々の教育活動にはすべて全体計画があり、それに沿って活動が展開されておりますが、それらの根幹となるものが上に示した「江中生の目標はこれだ!」ということになります。
 また、昨年度から、全校の皆さんに集会の度にお話ししていることがあります。新しくは、入学式の校長式辞の中で、新入生だけでなく在校生に向けてもお話ししました。それは、「もう一人の自分をつくろう。そして、そのもう一人の自分を高めていこう。」という内容です。自分の行動を律する「もう一人の自分」を自分自身の中につくって欲しい。そして、自分の取った行動は正しかったか、安易な方向に流されてしまったのではないか、他の人に責任を転嫁していないか、友人に辛く悲しい思いをさせていないかなど、自身が取った行動を客観的に評価する習慣を身に付けて欲しいという願いを込めています。さらに、行動を起こす前に、この「もう一人の自分」を意識し、「これから取る行動」を真に正しいものにして欲しいということもお話ししました。私は、この一年間、この「もう一人の自分」という言葉を昨年度同様、生徒の皆さんに投げかけていきます。ご家庭におかれましても話題にしていただければ幸いです。

校長 山藤俊治

PDFファイルも添付しています

平成29年度学校だより4月号 [PDFファイル:428KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)