ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 江津市立桜江小学校 2月4週のトピックス
トピックス一覧

2月4週のトピックス

掲載日:2017年2月20日更新
<外部リンク>

2月20日(月曜日)~24日(金曜日)

2月20日の写真です。2月20日(月曜日)

 毎週金曜日の朝は、読書ボランティアの方が読み聞かせに来てくださいます。
 ボランティアの方は、自分で選んだ本を持ってこられることが多いのですが、17日に1年生教室に来てくださったボランティアさんは、毎月「紙芝居」を持ってこられます。しかも手作り!大きな四つ切り画用紙に絵を描き、色鉛筆で丁寧に彩色されています。
 今回の作品は、「椿のようせい」で、ストーリーも自分で考えられたとのこと。
「2月11日にできたばかりのホヤホヤなんですよ。だから、まだ語りがよく練習できてなくて…。」
とはじめにひとこと言われてスタート。
 画用紙は20枚近くある大作でした。子どもたちはジーッと聞き入って最後は大きな拍手を送りました。
 このような読書ボランティアの方々に支えられ、桜江っ子の心の図書館に毎週一冊分のお話がプラスされていきます。ありがたいことです。
 


2月21日の写真です。2月21日(火曜日)

 3年生の道徳の学習では、「伝とうと文化を大切に」を主題に授業を行いました。資料は、道徳副読本に載っている「ふろしき」というお話です。ふろしきはあまり身近なものではないかもしれないと思っていましたが、見たことがある子もいれば、保育園で使っていたという子もいました。しかし、資料にある「ふろしき=すてきなもの」という言葉にはまだピンときてはいないようでした。
 授業の中では、資料の中の「わたし」がやってみたように、実際にふろしきで色々な物を包んで運ぶ体験もしました。四角い物だけでなく、丸い物やビンのような長い物なども包むことができることが分かりました。体験を終えて話し合うと、
「色々な物を包むのが楽しかった」
「工夫すれば色々な物が包めることが分かった」
「昔はカバンがなかったけれど、ふろしきを工夫して使っていてすごい」
「家でも使ってみたい」
という意見が出ました。
 社会科でも昔のくらしと今のくらしを比べる学習をしていますが、昔も今も人々が様々な工夫をして生活していることや今も変わらず残っている物があることを学んでいます。
 (写真は、廊下に展示してある3年生の作品です。)


2月22日の写真です。2月22日(水曜日)

 1年生が来年度の新入生19人を学校に招待して、「新1年生となかよくなろう会」を開きました。
今日のこの日まで、張り切って準備を進めてきました。その準備の様子は、とっても頼もしい姿でした。
 なかよくなろう会のプログラムは以下です。
  1 はじめのあいさつ
  2 自己紹介
  3 みてください
  4 いっしょにしよう
  5 プレゼント
  6 おわりのあいさつ
 
 プログラム3番の「みてください」は、合奏の演奏と国語の本の音読をしました。聞いてくださいとならないのは、1年生の勉強でこんなことができるようになった姿を見てくださいという気持ちがあるからかな(予想です)
 いっしょにしようでは、みんなでたくさんの遊びをして楽しみました。1時間だけの交流会でしたが、とっても仲良く遊ぶ姿が印象的でした。
 この後、園児の皆さんは、小学校の給食の試食をしました。小学校の給食、どのように感じたでしょうか。
 


2月23日の写真です。2月23日(木曜日)

 明日は、1日参観日と言うことで桜江町内の5つの地域交流コミュニティセンターの活動紹介パネルが準備されました。
 それぞれの地区での活動がきれいな写真やイラストと一緒に紹介されています。一つ一つをじっくり見てみると、小学生の写真もたくさん見つかります。
 展示が完了したのは、5時間目の途中だったため、まだ子どもたちは見ていません。
 下校するときにこのパネルをじっくり見つめることは間違いありません。
 保護者の皆さん、地域の皆さんも明日お時間がありましたらご覧ください。お待ちしています。
 
 


2月24日の写真です。2月24日(金曜日)

 今日の一日授業公開日には、午前中からたくさんの保護者の方にご来校いただきました。ありがとうございます。
いつもは、午後の授業ですが、午前中の子どもたちの様子はいかがだったでしょうか。子どもたち自身は保護者の方にたくさんの時間見ていただけるので、かなり張り切っていたようです。
 午後のなわとび集会、毎年かなり盛り上がるため、保護者にも見ていただきたいなと学校内でも話していた集会です。予想どおり、今日も大いに盛り上がりました。とっても楽しい集会になりました。