文字サイズ 文字サイズ [ 標準 ]
元気!勇気!感動!ごうつ

江津市中心市街地活性化基本計画

2015年3月27日
◆江津市中心市街地活性化基本計画の認定について
中心市街地の活性化に関する法律に基づく「江津市中心市街地活性化基本計画」を策定し、平成27年2月6日付けで内閣総理大臣に認定申請を行い、平成27年3月27日付けで内閣総理大臣の認定を受けました。
今後、江津市中心市街地活性化協議会と連携し、この基本計画に基づき、民間・行政が一体となって中心市街地の活性化に取り組みます。

◆江津市中心市街地活性化基本計画の概要について
江津市では、平成11年度に『人、まち、江の川から発信する「情熱のまちづくり」』をテーマとして中心市街地活性化基本計画策定がされましたが、江津駅前を中心とした施設の老朽化や都市基盤整備の改善が図られず、期待された活性化の効果が得られないまま中心市街地の衰退に歯止めがかかっていない状況にあります。
こうしたことから、江津駅周辺、シビックセンターゾーン、グリーンモール周辺、これらの3つのエリアを中心市街地として設定し、この活性化を図るため、江津市中心市街地活性化基本計画(以下、「基本計画」という。)を策定しました。

江津駅周辺

グリーンモール周辺

シビックセンターゾーン

 

【名称】
 江津市中心市街地活性化基本計画

【計画期間】
 平成27年4月~平成32年3月(5年間)

【計画区域】
 江津駅前周辺、シビックセンターゾーン、グリーンモール周辺、JR江津駅南側の居住エリアを含む78ha

基本理念】~人がつながる まちがつながる さんかくタウン~
 人が集まり交流する場をつくり、誰もが生きがいを持って元気に生活を営めるまちをめざし、住みたい、行きたいと思えるまちの中心として再生を図ること目的にしています。
 中心市街地の3つの核(シビックセンターゾーン、駅前地区ゾーン、商業集積ゾーン)と市民の参画により、まちと人とがつながりをつくり活性化につなげます。

【基本方針】
 1.人が集い交流する 賑わい空間づくり
 2.住みたい、住み続けたい 快適居住空間づくり

【中心市街地活性化の目標】
 1.中心市街地の回遊性の向上
 2.街なか居住の推進

【数値目標】
 1.平日の歩行者・自転車通行量
   平成26年度の現況値 986人
   平成31年度の目標値 1,376人
 2.新規店舗出店数
   平成26年度(H21-25)の現況値 11店舗
   平成31年度(H27-31)の目標値 14店舗
 3.居住人口(中心市街地)
   平成26年度の現況値 1,340人
   平成31年度の目標値 1,498人

江津市中心市街地活性化基本計画(データ)

江津市中心市街地活性化基本計画(概要版)
江津市中心市街地活性化基本計画(全体版)
 表紙、目次
 1.中心市街地の活性化に関する基本的な方針
 2.中心市街地の位置及び区域
 3.中心市街地の活性化の目標
 4.土地区画整理事業、市街地再開発事業、道路、公園、駐車場等の公共の用に供する施設の整備その他の市街地の整備改善のための事業に関する事項
 5.都市福利施設を整備する事業に関する事業
 6.公営住宅等を整備する事業、中心市街地共同住宅供給事業その他の住宅の供給のための事業及び当該事業と一体として行う居住環境の向上のための事業等に関する事業
 7.中小小売商業高度化事業、特定商業施設等整備事業、民間中心市街地商業活性化事業、中心市街地特例通訳案内士育成等事業その他の経済活力の向上のための事業及び措置に関する事項
 8.4から7までに掲げる事業及び措置と一体的に推進する事業に関する事項
 9.4から8までに掲げる事業及び措置の総合的かつ一体的推進に関する事項
 10.中心市街地における都市機能の集積の促進を図るための措置に関する事項
 11.その他の中心市街地の活性化のために必要な事項
 12.認定基準に適合していることの説明

■計画変更

◆軽微な変更の届け出を行いました。(平成28年3月)
経済産業省の補助金名の変更に伴い、7章商業系の事業について支援措置名を変更しました。
新旧対照表(軽微な変更)

■認定計画の定期フォローアップに関する報告
 中心市街地の活性化にあたっては、認定基本計画に掲げた取り組みについて、進捗状況及び目標達成の見通し等を自己評価し、公表することとなっています。

◆平成27年度定期フォローアップ報告書

03240